FC2ブログ
更新日:2021/08/20 作成日:2021/08/20

佐賀2021大雨(佐賀新聞)

佐賀2021大雨として、佐賀新聞では、被害と復旧情報の記事が掲載されています。

img_68411a3bd5e2d5b7837b03c4ffa5d044101948.png

スポンサーサイト



更新日:2021/08/20 作成日:2021/08/20

『浸水被害にあったときに行うべきこと』の動画(NPO法人YNFさんより)

この度の豪雨災害で被災された皆様に、心よりお見舞い申し上げます。

被害後の家屋の片づけ等を始める方もおられると思います。

▼『浸水被害にあったときに行うべきこと』の動画が、生活や住まいの再建を支援してきたNPO法人YNFさんより提供されています。
http://saigaiynf.org/for-affected-people/

更新日:2021/08/20 作成日:2021/08/15

土砂災害や浸水 広島・島根 厳重警戒なお必要 (広島新聞号外)

2021-08-20.png
更新日:2021/03/04 作成日:2021/03/04

【東日本大震災の起こった日(3月11日)まで 後1週間で10年~忘れないために~】遺族であっても、自分を証明するものがなければ、家族と会えない。

28782975_1724311154293355_4354710576940329168_n.jpg

【東日本大震災の起こった日(3月11日)まで 後1週間で10年~忘れないために~】
 遺族であっても、自分を証明するものがなければ、家族と会えない。
『消防団員達と、必死に、救助活動をしました。そして、その後は、遺体捜索を何日も何日も続けました。そんな毎日は、気持ちもぎりぎりのところでした。震災直後から一ヶ月の間に遺体安置場は移動を繰り返しました。遺族であっても、自分を証明するものがなければ中に入れない状況が生まれました。入口の管理をボランティアや地元以外の方が任されたからです。免許証や保険証・印鑑、全てを津浪で流失した遺族や被災者は大変な思いをしました。』(東日本大震災から7年/岩手県/60代男性)

【参考】
被災地のつぶやき
※認定NPO法人 まち・コミュニケーションが、運営しています。  『災害に負けないまちづくり!』を目指し、“1.未来の災害に備えるため”  “2.被災者同士が葛藤を共感するため” 、教訓を発信しています。
・ブログ http://hisaichi.seesaa.net/
・ツイッター https://twitter.com/hisaichi_m
・フェイスブック https://www.facebook.com/hisaichitsubuyaki117311/
更新日:2021/02/21 作成日:2021/02/21

福島市に生活再建支援法が適用されました。

152996406_3851277021596747_8851726650039194875_o.jpg

福島市に生活再建支援法が適用されました。

令和3年福島県沖を震源とする地震に係る被災者生活再建支援法の適用について(福島県) (PDF形式:132.8KB)
http://www.bousai.go.jp/kohou/oshirase/pdf/r3fukushima_eq_dr_fukushimashi.pdf
更新日:2021/02/21 作成日:2021/02/21

★ 講演会動画 無料公開 ★今週末も、ステイホーム!(不要不急以外は除く)おうちで防災の勉強はいかがでしょうか?

152441352_3733061563407381_1090077963311463477_o.jpg

週末は、ステイホーム!(不要不急以外は除く)
おうちで防災講演を聞いて、
防災力を高めませんか?
▼ 講演会動画 無料公開 ▼
https://210220-21stayhome.peatix.com/
▼無料公開 オンライン勉強会動画(去年の2020年12月13日「被災者の尊厳を守る」御蔵学校の収録より )
【タイトル】
令和2年7月豪雨の被災地の現状と課題
~福岡県大牟田市・久留米市に関わる外部支援者の立場から~
【日時】2020年12月13日(日)19:00~20:30
【講師】江崎太郎氏(特定非営利活動法人YNF代表理事)
【解説(録画)】津久井進氏(弁護士・日本弁護士連合会災害復興支援委員会委員長)
『被災者の生活再建と支援法の改正(中規模半壊等)について』
【内容】
 令和2年7月豪雨では、福岡県大牟田市・久留米市でも内水氾濫(雨水の量が都市の排水処理能力を超えると起こる)により被害を受けました。マスコミで大きく取りあげられている熊本県球磨川流域の被害とは違い、外観からは被害状況が見えづらいという状況です。久留米市は、3年連続で浸水で、2012年7月の九州北部豪雨を含めると近年で4度も浸水しています。
 今では、令和2年7月豪雨のニュースはあまり取りあげられなくなりました。そこで今回の勉強会では、九州北部豪雨や熊本地震、西日本豪雨等、多くの被災地で外部支援者として被災者の生活再建支援をしてこられた講師から、大牟田市と久留米市の被災地の現状と、今後の住まいの再建に向けての課題を学びます。
▼本オンライン勉強会のfacebookページ▼
https://www.facebook.com/events/400968541146225/
【主催・連絡先】
認定特定非営利活動法人 まち・コミュニケーション
メール:m-comi@bj.wakwak.com
〒 6 5 3 - 0 0 1 4 神戸市長田区御蔵通 5 - 2 1 1 - 4 みくら5  1 0 1
協力:日本財団
更新日:2021/02/17 作成日:2021/02/17

防災科学研究所の『 地震 クライシスレスポンスサイト 』では、 被災地の震度、鉄道・高速道路の状況、解析から出された被害等の結果が見られます。

スクリーンショット (456)

防災科学研究所の『 地震 クライシスレスポンスサイト 』では、
被災地の震度、鉄道・高速道路の状況、解析から出された被害等の結果が見られます。

【参考】
2021年2月13日令和3年福島県沖を震源とする地震 クライシスレスポンスサイトを開設しました
http://crs.bosai.go.jp/DynamicCRS/index.html?appid=e27a37203d3f42c4846c7d2122ed3725

注)防災科研クライシスレスポンスサイト(NIED-CRS)とは
本サイトは、災害対応支援を目的として、防災科研が運用しているSIP4D(基盤的防災情報流通ネットワーク)により集約された情報を、目的別に統合し公開しています。
情報を掲載する際には、細心の注意を払っておりますが、当サイトの情報を用いて行う一切の行為について、防災科研は何ら責任を負うものではありません。
更新日:2021/02/15 作成日:2021/02/15

NHKによりますと、激甚災害指定で調査開始されたそうです。

スクリーンショット (451)

震度6強 けが人 155人 “激甚災害指定で調査開始” 菅首相(NHK2021年2月15日 17時41分)
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20210215/k10012867731000.html 
更新日:2021/02/15 作成日:2021/02/15

福島沖地震で揺れた地域は雨に注意です。 いわき市で雨に備えがけ崩れ場所に応急処置(NHK)

スクリーンショット (450)

福島 いわき 雨に備え崖崩れ場所に応急処置(NHK2021年2月15日 16時41分)
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20210215/k10012868281000.html
更新日:2021/02/15 作成日:2021/02/15

福島県沖地震にあった地域で、本日15日午後から降雨が予想されています。揺れ強かった地域は土砂災害に注意


福島県沖地震にあった地域で、本日15日午後から降雨が予想されています。

北日本 東日本 風雨強まる 揺れ強かった地域は土砂災害に注意(NHK 2021年2月15日 13時09分)
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20210215/k10012867671000.html

自主避難所の開設されている自治体もあります。

●2月15日午後からの降雨への対応について(宮城県丸森町 2021年2月15日)
http://www.town.marumori.miyagi.jp/soumuka/bousai-info/emergency/20210215_2.html

本日の午後から降雨が予想されているため、自主避難所を以下のとおり開設しました。

一昨日の地震の影響で、家屋が被災して雨漏り等が心配な方や地盤が緩み土砂災害が心配な場合は、自主避難所を利用してください。

・丸森まちづくりセンター
・羽出庭多目的センター
・金山まちづくりセンター
・筆甫まちづくりセンター
・大内まちづくりセンター
・青葉コミュニティセンター
・黒佐野山村活性化支援センター
・小斎まちづくりセンター
・舘矢間まちづくりセンター
・大張まちづくりセンター
・耕野まちづくりセンター

※自主避難所に避難する場合は、食料や水、コロナ対策の衛生用品等を各自で用意して避難してください。