FC2ブログ
更新日:2020/07/26 作成日:2020/07/26

避難情報が、避難指示に一本化されるようです。【出典】避難情報「指示」に一本化 「勧告」廃止…逃げ遅れ防ぐ(産経新聞2020年7月25日)

避難情報が、避難指示に一本化されるようです。

避難情報「指示」に一本化 「勧告」廃止…逃げ遅れ防ぐ(産経新聞2020年7月25日)
https://www.sankei.com/politics/news/200725/plt2007250008-n1.html
スポンサーサイト



更新日:2020/06/27 作成日:2020/06/27

九州・四国で大雨が予想されています。避難情報が出ています。くれぐれもご注意を。

九州・四国で大雨が予想されています。

避難情報が出ています。くれぐれもご注意を。

Yahoo避難情報では、現在の避難情報が把握できます。
https://crisis.yahoo.co.jp/evacuation/

【大雨続報】佐賀県内に警報 多久、鳥栖で避難勧告(佐賀新聞5月27日 9:07)
https://www.saga-s.co.jp/articles/-/539731
更新日:2020/06/25 作成日:2020/06/25

取水期です大雨に注意が必要です。既に、6時までの1時間に長崎県佐世保で78.5mmを記録

取水期です大雨に注意が必要です。
既に、6時までの1時間に長崎県佐世保で78.5mmを記録しています。

九州に線状降水帯が形成 昼頃にかけて大雨に厳重警戒(2020/06/25 06:44 ウェザーニュース)
https://weathernews.jp/s/topics/202006/250065/
更新日:2020/05/30 作成日:2020/05/29

「想定最大規模降雨」による洪水浸水想定区域図等が公表されました。(兵庫県)

兵庫県が、「想定最大規模降雨」による洪水浸水想定区域図等が公表しました。
https://web.pref.hyogo.lg.jp/ks13/page.html

河川を管理する国や都道府県が、
降雨で氾濫した場合に浸水する危険性が高い場所を示すことが、
2001年の水防法改正で区域指定が導入され、
降雨量や堤防の場所などに基づき、洪水による重大な被害が生じる可能性がある区域や浸水の深さを公表していています。

近年の豪雨災害の多発を踏まえ、
2015年の水防法改正で、「1000年に1回」である「想定しうる最大規模の降雨」を想定最大規模降雨とし、
洪水浸水想定区域、浸水継続時間、家屋倒壊等氾濫想定区域が、公表されています。

s-2000530洪水浸水想定区域図等表示例

【想定最大規模降雨とは】
「想定最大規模降雨」は、当該河川に過去に降った雨だけでなく、近隣の河川に降った雨が、当該河川でも同じように発生するという考えに基づき、国において、日本を降雨の特性が似ている15の地域に分け、それぞれの地域において過去に観測された最大の降雨量により設定されています。

兵庫県では、この地域区分のうち下表の3地域を適用し、各河川におけて想定最大規模降雨が1/1000年確率以上になるよう設定しています。

なお、1/1000年確率の降雨とは、1000年毎に1回発生する周期的な降雨ではなく、1年の間に発生する確率が1/1000(0.1%)の降雨です。毎年の発生確率は小さいですが、規模の大きな降雨であることを示しています。サイコロを6回振れば、「1」が複数回出る場合があることと同じで、1000年の間にその規模を超える降雨が複数回発生することもあります。また、連続して発生することもあります。

更新日:2019/10/13 作成日:2019/10/13

地震に強い住宅の実験に加え、水害に強い住宅の実証実験もされています。設備が水没し、被害を受けるとエアコンが使えない等、災害関連死に繋がる可能性もあります。「避難生活が終わったあとすぐに暮らせる住宅、災害に耐えて長く住み続けられる住宅を目指して開発を進めたい。(開発者談)」

地震に強い住宅の実験はされてきて、耐震補強等がされてきましたが、
現在は、水害に強い住宅の実験もされています。

水害に強い住宅は水が入り込みやすい排水口や換気口に逆流を防ぐ弁を取り付けるなど
防水性を高めることで浸水しにくくなっているそうです。

実験では、国内で観測された10分間の最大雨量の50ミリ、
1時間で換算すると300ミリの豪雨を再現したほか、
洪水を想定して1000トン以上の水がホースから流されたそうです。

設備が水没し、被害を受けるとエアコンが使えない等、
災害関連死に繋がる可能性もあります。

外のライフラインの設備を浸水被害から守ることも重要なポイントです。

実証実験の様子は、下記サイトで。

【参考】「水害に強い住宅」の実証実験 豪雨や洪水想定でも被害なし(NHK2019年10月2日)
http://www.pref.saga.lg.jp/kiji00370515/index.html

190913世界最大級の大型降雨実験施設によるゲリラ豪雨・洪水対策の「耐水害住宅」公開実験について(防災科学技術研究所 プレス発表資料)
http://www.bosai.go.jp/press/2019/pdf/20190913_01_press.pdf