FC2ブログ
更新日:2020/06/18 作成日:2020/06/18

大阪府北部の地震(2018年)から2年 学ぶる主な3つのポイント

s-s-DSCN2098.jpg

朝の通勤・通学時間帯に起こった大阪北部地震から2年。
大阪北部地震から学べる主なポイントを3つ書いておきます。

①ブロック塀が倒壊しないような補強の必要性
 死者6名の内、2名が崩れ落ちてきたブロック塀の下敷きになりました。
②通勤時間帯の災害への対応
 鉄道の回復に時間を要したことから、出勤・帰宅困難者が出ました。
③エレベーター内での地震にあった時の備え
 エレベーター内で多くの方が閉じ込められました。エレベーターで被災したときにパニックにならないように、近くの階のボタンを押す等、どうするかの対応が必要です。

【参考】
2. 大阪北部地震における帰宅困難者の実態調査・分析 - 国土交通省
https://www.mlit.go.jp/common/001332668.pdf
スポンサーサイト



更新日:2019/06/17 作成日:2018/06/19

被害を受けた家や財産の写真を撮っておきましょう。

大阪北部地震の被害に遭われた皆さまに対し、心よりお見舞い申し上げます。
心と身体をケアを優先し、再建に向けて取り組まなくてはなりません。

これからの再建のための支援を受けるために、
被害を受けた家や財産の写真を撮っておきましょう。

例えば、支援制度を受ける時の判定に疑問があるときに、
第2次調査の申請の根拠が写真としてあること、気分的に申請しやすくなります。

家屋の被害程度は「全壊」、「大規模半壊」、「半壊」、「一部損壊(半壊未満)」などに区分けされます。
この被害程度によって、罹災証明書を申請後、支援制度を受けられる罹災証明書が交付されます。
被害の程度によって、受けられる公的支援が異なるので、判定に疑問を感じ、再調査してもらう時等に、家屋全体、屋根、柱、壁などの構造部分について写真を撮っておくことが重要です。

災害時の支援制度を受けるための基本となる罹災証明書とは?

s-写真撮影
更新日:2019/06/17 作成日:2018/06/18

平成30年6月18日07時58分頃の大阪府北部の地震について(気象庁)

大阪府北部を中心に、6月18日07時58分頃地震が起こりました。
気象庁のホームページより抜粋します。

平成30年6月18日07時58分頃の大阪府北部の地震について【報道発表日】平成30年6月18日

地震の概要
検知日時(最初に地震を検知した時刻) 6月18日07時58分
発生日時(地震が発生した時刻) 6月18日07時58分
マグニチュード 6.1(暫定値; 速報値5.9から更新)
場所および深さ 大阪府北部、深さ13km(暫定値; 速報値約10kmから更新)
発震機構 東西方向に圧力軸を持つ型(速報)
震度 【最大震度6弱】大阪府大阪市北区(おおさかしきたく)、高槻市(たかつきし)、枚方市(ひらかたし)、茨木市(いばらきし)、箕面市(みのおし)の5市区で震度6弱、京都府京都市(きょうとし)、亀岡市(かめおかし)など18の市区町村で震度5強を観測したほか、近畿地方を中心に、関東地方から九州地方の一部にかけて震度5弱~1を観測しました。

○ 防災上の留意事項
 この地震による津波の心配はありません。
 揺れの強かった地域では、家屋の倒壊や土砂災害などの危険性が高まっているおそれがありますので、今後の地震活動や降雨の状況に十分注意し、やむを得ない事情が無い限り危険な場所に立ち入らないなど身の安全を図るよう心がけてください。
 過去の事例では、大地震発生後に同程度の地震が発生した割合は1~2割あることから、揺れの強かった地域では、地震発生から1週間程度、最大震度6弱程度の地震に注意してください。特に今後2~3日程度は、規模の大きな地震が発生することが多くあります。

○ 地震活動の状況
 今回の地震発生後、18日09時30分現在、震度1以上を観測した地震が8回(最大震度2が3回、最大震度1が5回)発生しています。

○ 長周期地震動の状況
 大阪府北部、兵庫県南東部、奈良県では、長周期地震動階級2を観測しました。これらの地域の高層ビル高層階では、物につかまらないと歩くことが難しい、棚にある食器類、書棚の本が落ちることがあるなどの、大きな揺れになった可能性があります。

○ 緊急地震速報の発表状況
 この地震に対し、地震検知から3.2秒後の07時58分41.9秒に緊急地震速報(警報)を発表しました。

図表等を含めた資料全文につきましては、下記の「資料全文」をご参照下さい。

平成30年6月18日07時58分頃の大阪府北部の地震について[PDF形式: 1,088KB]
https://www.jma.go.jp/jma/press/1806/18a/kaisetsu201806181000.pdf

問い合わせ先
気象庁 地震津波監視課
電話 03-3284-1743
更新日:2019/06/17 作成日:2018/06/18

災害救助法が適用されました。(大阪北部地震)

内閣府(防災担当)より

平成30年大阪府北部を震源とする地震にかかる災害救助法の適用について【第1報】

●災害の概要
平成 30 年大阪府北部を震源とする地震により、
多数の者が生命又は身体に危害を受け、
又は受けるおそれが生じていることから、
大阪府は 12 市1町に災害救助法の適用を決定した。

●災害救助法 適用市町村
【大阪府】
大阪市
(おおさかし)
豊中市
(とよなかし)
吹田市
(すいたし)
高槻市
(たかつきし)
守口市
(もりぐちし)
枚方市
(ひらかたし)
茨木市
(いばらきし)
寝屋川市
(ねやがわし)
箕面市
(みのおし)
摂津市
(せっつし)
四條畷市
(しじょうなわてし)
交野市
(かたのし)
三島郡島本町
(みしまぐんしまもとちょう)

●法適用日
6月 18 日

●被害の状況等
大阪府北部を震源とする地震により、
多数の者が生命又は身体に危害を受け、
又は受けるおそれが生じており、
継続的に救助を必要としている。

●備考
災害救助法施行令 第1条第1項第4号適用

●これまでにとられた措置
・避難所の設置等

【参考】
災害救助法の概要
1.目的
 災害に対して、国が地方公共団体、日本赤十字社その他の団体及び国民の協力の下に、
応急的に、必要な救助を行い、被災者の保護と社会秩序の保全を図ること。

2.実施体制
○ 法に基づく救助は、都道府県知事が、現に救助を必要とする者に行う。(法定受託事務)
○ 必要に応じて、救助の実施に関する事務の一部を市町村長へ委任できる。
○ 広域的な大規模災害に備えて、あらかじめ他の都道府県と協定を締結したり、発災後に速やかに
応援要請できる体制を整えておくことが望ましい。(応援に要した費用については、被災県に全額求償可能)

3.救助の種類
○ 避難所の設置
○ 応急仮設住宅の供与
○ 炊き出しその他による食品の給与
○ 飲料水の供給
○ 被服、寝具その他生活必需品の給与・貸与
○ 医療・助産
○ 被災者の救出
○ 住宅の応急修理
○ 学用品の給与
○ 埋葬
○ 死体の捜索・処理
○ 障害物の除去

4.適用基準
○ 災害により市町村等の人口に応じた一定数以上の住家の滅失(全壊)がある場合
(令第1条第1項第1号~第3号)
○ 多数の者が生命又は身体に危害を受け、又は受けるおそれが生じた場合であって、避難して継
続的に救助を必要とする場合等(令第1条第1項第4号)

5.国庫補助
救助に要した費用のうち、5割以上を国庫が負担する仕組みとなっている。