FC2ブログ
更新日:2019/09/05 作成日:2019/09/05

新見市の豪雨災害で、災害ボランティアセンターが開設されました。【支援を希望される方】浸水や土砂の流入により散らかった家財の片付けや土砂の搬出などが困難な方からの依頼を受付。【ボランティア活動を希望される方】岡山県に居住する方

s-ボランティア受付

新見市災害ボランティアセンターの開設について

令和元年9月3日の夜間の豪雨により被災された皆さまに対し、心よりお見舞い申し上げます。
 本会では、1人でも多くの方が1日でも早く元の生活に戻れるように、災害支援ボランティア活動を希望する方を募り、支援を必要としている方に紹介する「新見市災害ボランティアセンター」を開設しました。
 つきましては、支援を必要とする方、ボランティア活動をしていただける方ともに、新見市災害ボランティアセンターまでご連絡ください。

支援を希望される方:浸水や土砂の流入により散らかった家財の片付けや土砂の搬出などが困難な方からの依頼を受け付け。
ボランティア活動を希望される方:岡山県に居住する方

【参考】
新見市災害ボランティアセンターの開設について(社会福祉法人 新見市社会福祉協議会)
http://www.shakyo-niimi.jp/R01svc.htm
スポンサーサイト



更新日:2019/08/01 作成日:2019/08/01

「被災者の尊厳」を守りながら、ボランティアをコーディネートしてくださる災害ボランティアセンター

s-災害 ボランティアセンター


災害ボランティアセンター(さいがいボランティアセンター)は、
主に災害発生時に、「被災者の尊厳」を守りながら、
ボランティアをコーディネートしてくださります。

 災害ボランティアセンターの運営は一般的に、
被災した地域の社会福祉協議会が、
ボランティア活動に関わっている関係団体、
行政と協働して担うことが多い。

被災者のためにボランティアをしたい方
②ボランティアの助けを借りたい被災者
は、連絡をとってみましょう。

①のボランティア希望の方は、各社会福祉協議会が、アップされる情報をしっかり見て
現地の社会福祉協議会のスタッフに、迷惑をかけないように、準備して出かけましょう!
更新日:2019/07/15 作成日:2019/07/15

【災害ボランティアの皆さまへ】災害ボランティア車両の高速道路無料措置における 手続きの簡素化について(高速道路株式会社より)

災害ボランティア車両の手続きが簡素化されます。

03.jpg

下記、ホームページより

災害ボランティア車両の高速道路無料措置における手続きの簡素化について
令和元年7月1日 東日本高速道路株式会社

東日本高速道路株式会社、首都高速道路株式会社、中日本高速道路株式会社、西日本高速道路株式会社、阪神高速道路株式会社、本州四国連絡高速道路株式会社は、道路整備特別措置法に基づき、災害の発生時に被災自治体の要請を受け、ボランティア活動を行う方の居住地の自治体が発行する「災害派遣等従事車両証明書」を料金所でご提出いただくことで高速道路の無料措置を実施しておりましたが、この度、災害ボランティア車両の高速道路無料措置にかかる「災害派遣等従事車両証明書」の取得における手続きを簡素化します。

簡素化のポイント
【1】高速道路の無料措置を受けるためのボランティアセンターへの事前手続きが不要となります。
注)ボランティア活動を行う場合には災害ボランティアセンターへの登録が必要な場合があります。
詳しくはボランティアセンターのHPをご確認ください。
【2】ボランティア活動を行う方の居住地の自治体における「災害派遣等従事車両証明書」の発行手続きが不要となります。
【3】災害発生に伴い高速道路の無料措置を実施した場合にお知らせする道路会社等のHPで、従前の「災害派遣等従事車両証明書」に代わる「ボランティア車両証明書」をダウンロードすることが可能となります。

【参考】
災害ボランティア車両の高速道路無料措置における 手続きの簡素化について(東日本高速道路株式会社より)
https://www.e-nexco.co.jp/road_info/important_info/h31/0701/