FC2ブログ
更新日:2020/07/23 作成日:2020/07/23

★参加者募集!7月26日オンライン勉強会開催★ 「豪雨水害の被災地から~熊本県球磨川流域の状況~」 講師:柴田祐氏(教授/熊本県立大学 環境共生学部)

s-IMG_20200708_105448.jpg

★参加者募集!7月26日オンライン勉強会開催★
「豪雨水害の被災地から~熊本県球磨川流域の状況~」
豪雨後、足繁く球磨川流域の集落へ通う農村計画をご専門とされる柴田祐氏(教授/熊本県立大学 環境共生学部)より、現地の地図と被災前後の写真を用いて、現状のお話を伺います。この週末も現地に支援・調査で入られるとのことで、最新の状況がお聞きできると思います。

【対象】・球磨川流域の被害の実際を俯瞰したい方
・ボランティアに行きたいが、今は待機されておられる方。柴田先生は、ご自身の研究テーマより、球磨川流域の暮らしを教えてくださいます。それを学んだ上で、今後、ボランティアに行かれるときに地域の文化を尊重した支援の一助になれば幸いです。

詳細は、下記です。

★7月26日オンライン勉強会★「豪雨水害の被災地から~熊本県球磨川流域の状況~」開催(19時から)
https://www.facebook.com/events/726959048139382/

内容
 令和2年7月豪雨水害でお亡くなりになられた方のご冥福をお祈りするとともに、
 災害に遭われた方々に心よりお見舞い申し上げます。

 まち・コミュニケーションでは、
 大きな被害を受けた熊本県球磨川流域の状況を、
 いち早く被災地に入られた熊本県立大学の柴田祐教授から学ぼうと、
 勉強会を企画いたしました。

 ●タイトル:豪雨水害の被災地から~熊本県球磨川流域の状況~
 ●講師:柴田祐氏(教授/熊本県立大学 環境共生学部)
 ●参加費:1,200円(要事前申込み)
 ●日時:7月26日(日)19時より、
 ●形式:今回は、「オンラインでのみ実施」いたします。

 【注意】下記、URLのサイトで要事前申込みです。
 https://peatix.com/event/1564746
 ※申し込みが成立しますと、講座視聴のURLが届きます。

 ご参加お待ちしています。

 昨今頻発する豪雨災害。今年7月の豪雨は、熊本県を中心に九州各地で大きな被害をもたらしました。
 どのような被害を受けたのか? コロナ禍での被災地の現状は? 
 農村計画を専門とし、球磨川流域に知り合いが多く、いち早く被災地に入られた講師より学びます。
 被災地へボランティアに行きたい方もおられると思います。しかし、災害ボランティアセンターでは、コロナ対策として県内在住者のみを募集されています。そこで、行けるようになった時に地元の文化・歴史を知った上で支援ができるように、球磨川流域の地域づくり関わる講師から学びます。

●日時:2020年7月26日(日)19:00~20:30 ※18:30~ zoom接続開始
●オンライン接続方法:Zoom ※ZoomはPC、スマートフォン、タブレット端末で使用できるビデオ通話サービスです。こちらから、後日URLを送りますので、開始時間の10分くらい前に、クリックして頂ければ参加できます。
●定員:先着100名 ※定員になり次第締め切り
●参加費:1,200円(一般) ※大学生・高校生は無料ですので、下記、主催者にメールを送ってくださいませ。
●講演:豪雨水害の被災地から~熊本県球磨川流域の状況~
●講師:柴田祐氏(教授/熊本県立大学 環境共生学部
●講師の主な研究テーマ
・熊本地震からの農村集落の復興に関する研究
・農山漁村地域における地域資源を活かした地域づくりに関する研究
・無住化集落の実態及び今後の課題に関する研究

●Facebookのイベントページ
https://www.facebook.com/events/726959048139382

●主催・連絡先
認定特定非営利活動法人 まち・コミュニケーション
メール:m-comi@bj.wakwak.com
〒 6 5 3 - 0 0 1 4 神戸市長田区御蔵通 5 - 2 1 1 - 4 みくら5  1 0 1
T e l : 0 7 8 - 5 7 8 - 1 1 0 0  F a x : 0 7 8 - 5 7 6 - 7 9 6 1
スポンサーサイト