FC2ブログ
更新日:2019/06/06 作成日:2018/09/07

全半壊した家屋の解体・撤去費用が全額公費負担になる制度 公費解体 【 西日本豪雨災害の被害に遭われた皆さま 】

公費解体は、西日本豪雨で全半壊した家屋の解体・撤去費用が全額公費負担になる制度です。
市町村に、相談し、申請しましょう。
公開しないためにも、解体する前には、補修できないかどうか等を、建築の専門家等にしましょう。

自身で、自費解体した場合は、請求できる可能性もあります。いずれにしましても、市町村に相談してから、解体しましょう。

【参考】
1.岡山県倉敷市では、9月7日に下記のように告知されています。

●受付期間
【9/16〜平成31年3/31】
●受付時間
【8:30〜19時】
●受付会場
【倉敷市役所本庁1階展示ホール、
真備公民館】

※受付方法※
各会場8:30までに来られた方で、
当日申請者・申請受付順を抽選。
申請は1件の申請につき、1回。

2.その後の公費解体の進捗状況です。
公費解体進捗状況(岡山県倉敷市)
スポンサーサイト