FC2ブログ
更新日:2019/06/30 作成日:2019/06/30

【雨のシーズンをむかえて】 自分のいる場所の今後の雨がわかる気象庁のホームページ

集中豪雨を予想できれば、避難する気持ちが高まるかもしれません。
s-新しい画像 (20)

気象庁には、今後の雨雲の動きを見ることができるホームページがあります。

雨雲の動き(高解像度降水ナウキャスト)は、1時間後までの予想です。(過去3時間も見られます。)
https://www.jma.go.jp/jp/highresorad/index.html


今後の雨(降水短時間予報)は、7時間先から15時間先までの降水量予測は1時間ごとに見られます。
https://www.jma.go.jp/jp/kaikotan/index.html




スポンサーサイト



更新日:2019/06/29 作成日:2019/06/29

【山形県沖地震で被災された皆さま】鶴岡市、村上市にて、住まいの支援(案)が考えられています。

s-屋根修理

毎日新聞より抜粋

支援案では、修復工事に80万円以上かかる家屋を対象に、
40万円を上限に2割の補助する。
市と県が半分ずつ負担し、約300戸分を見込む。
申請には罹災(りさい)証明書が必要で、7月1日から3カ月程度受け付ける予定。

【参考】
新潟・山形地震 屋根瓦の修繕費補助 40万円上限に2割 鶴岡市と県協議 /山形(2019年6月27日)
https://mainichi.jp/articles/20190627/ddl/k06/040/197000c

村上市が屋根瓦の修理費用補助へ(新潟NHKWEB 2019年6月28日)
https://www3.nhk.or.jp/lnews/niigata/20190628/1030008407.html?fbclid=IwAR0_o9VINkwgl3jh_LoRpNWpI8XM9In3Xwza6P6RIvy7g40zVSUk2ig_lBQ
更新日:2019/06/28 作成日:2019/06/28

【学生の皆さん】夏休みに被災地でボランティア活動しませんか?交通費助成金があります。

被災地に行ってボランティア活動をすることは、
被災者・被災地のためにもなりますが、
防災力を高めることになります。

是非、夏休みに被災地でボランティア活動しませんか?

Yahooのホームページより

夏休み《学生ボランティア》被災地支援活動助成プログラム

被災地や被災者のために活動を続けている学生ボランティアを支援するためのプログラムです。

助成の対象となる活動
学生が行う以下のボランティア活動
災害の被災地や被災者を支援する活動
(活動地域は、東日本大震災や熊本地震の被災地に限りません)
災害被害の風化を防ぐための活動
※団体としてのボランティア実績があれば、被災地でのボランティア活動の実績は問いません。

募集期間 【第1回】2019年6月12日(水)~2019年6月30日(日)
【第2回】2019年7月22日(月)~2019年8月4日(日)
助成対象期間 【第1回】2019年7月13日(土)~2019年10月14日(月)
【第2回】2019年8月13日(火)~2019年10月14日(月)
助成内容 助成総額500万円まで採択
1団体あたりの助成額上限30万円
※各回250万円の助成総額を目安としています。
第1回分が250万円に満たない場合は、第2回へ繰り越されます
審査・助成の流れ
【第1回】
・募集締切:2019年6月30日(日)23時59分 必着
・結果発表:2019年7月16日(火)予定
・助成金振込(最短):2019年7月31日(水)予定(ただし、契約締結後)
・契約書(申込書):最終締切:2019年8月31日(土)

詳細は、下記で。

夏休み《学生ボランティア》被災地支援活動助成プログラム(Yahoo!基金)
https://kikin.yahoo.co.jp/support/gakuvo.html
更新日:2019/06/27 作成日:2019/06/27

【倉敷市真備町で被災された皆さま】建築士による建築相談会が行われます。6月27日(木曜日)、7月16日(火曜日)、7月29日(月曜日) (※8月以降も開催予定)

建築士による建築相談会が行われます。

以下、ホームページより

おかやま建築5会まちづくり協議会では、
岡山県内の水害被災住宅の修理や再建に関する皆様の不安や疑問について、
専門家である建築士が、技術的な面からご相談にお答えします。
(窓口相談・現地派遣)※無料相談、事前予約不要

【開 催 日】令和元年6月27日(木曜日)、7月16日(火曜日)、7月29日(月曜日) ※8月以降も開催予定
【受付時間】10時~12時 13時~16時
【会  場】倉敷市真備支所(旧保健福祉会館)3階 大会議室(倉敷市真備町箭田1161-1)

190510建築士による建築相談_imgs-0001


【参考】
被災住宅の建築相談について(岡山県倉敷市)
http://www.city.kurashiki.okayama.jp/item/117434.htm

更新日:2019/06/26 作成日:2019/06/26

【山形県沖地震で被災された皆さま】地震で高額修理費請求に注意!

s-屋根修理に悩む


NHKWEBニュースより

今月18日の地震で屋根瓦が落ちるなどの被害が相次いだ鶴岡市で、屋根の修理を行うよう勧誘されたり、高額の費用を請求されたりしたといった相談が、少なくとも12件に上っていることが、警察などへの取材で分かりました。
市はすぐに契約せず、不安に感じたら相談してほしいと呼びかけています。

鶴岡市によりますと、「市が依頼して地元の建設業協会が無料で屋根にブルーシートを張っていますが、その場で修理を行ったり、修理費用を請求したりすることはない。」

【参考】
“屋根修理で高額費用請求” 相談相次ぐ 山形 鶴岡(NHKWEB2019年6月24日)
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190624/k10011967121000.html?fbclid=IwAR1CtgU5FsuubfLliXdsY-LKmMExTf67Ku65j_BRa-hC6n6mlpK1FP9sM3M
更新日:2019/06/25 作成日:2019/06/25

【 山形県沖地震で被災された皆さまへ 】 罹災証明の調査が始まりました。

s-住宅被害調査 - コピー

今月18日の地震で、住宅の屋根瓦が落ちるなどの被害が出た鶴岡市では、
住宅の被害認定に必要な「り災証明書」の発行に向けて、
25日から被災状況の調査が始まりました。(NHKWEBより)

「り災証明書」は、「半壊」や「一部損壊」といった住宅の被害の認定を受け、
修理のための補助金や保険金の支払いを受けるのに必要な書類です。

住家被害認定調査と言います。

「り災証明書」を役所へ申請しに行きましょう。

【参考】
り災証明書発行へ鶴岡で調査開始(NHKWEB 2019年6月25日)
https://www3.nhk.or.jp/lnews/yamagata/20190625/6020004113.html
更新日:2019/06/25 作成日:2019/06/25

【倉敷市真備町で被災された皆さま】公費解体の申請期間が、令和元年12月27日(金)までに伸びています。

公費解体の申請期間が、令和元年12月27日(金)までに伸びています。
(※以前は、6月28日まででした。)

解体をお考えの方は、早めに役所までご相談を!

下記、ホームページより
公費解体の申請期間について(岡山県倉敷市)(2019年6月5日現在)

被災した建物が手つかずのまま放置されているという状況を極力防ぐため,半壊以上の空家や集会所等の解体・撤去申請を引き続き受け付けることとし,申請期間を可能な限り長めに確保して,申請期限を令和元年12月末までとします。7月以降の申請については,工事の完了を令和2年3月末までを見込んでいます。

建物の所有者が既に亡くなっている空家などは,権利関係が複雑な場合が想定されますので,解体をご検討中の方はお早めにご相談ください。

また,この事業を進めていく中で,諸事情により6月末までに申請のできなかった方の受付も行います。

申請期間:「令和元年6月28日(金)まで」→「令和元年12月27日(金)まで」
受付場所:真備支所1階公費解体受付窓口
受付時間:8時30分~17時まで(土・日・祝・休は休み)
※ただし,当日15時までに災害廃棄物対策室へ氏名・ご用件をご連絡いただいた場合は19時まで対応いたします。

災害廃棄物対策室 ℡086-426-3389

【参考】
公費解体の申請期間について(岡山県倉敷市)
https://www.city.kurashiki.okayama.jp/33062.htm
更新日:2019/06/24 作成日:2019/06/24

住宅再建を果たせないまま亡くなる方もいます。

災害後、住まいを失った被災者に提供される仮設住宅。
仮設住宅に住みながら、恒久的な住まいの再建(自立再建、民間賃貸住宅、災害公営住宅等)を行います。
ただ、大規模災害では、再建するにも時間がかかり、仮設住宅の入居期間が長くなることもあります。既に8年の月日が経っています。
住宅再建を果たせぬまま亡くなる方もいます。
河北新報の調査によると、2018年度末までに、少なくとも計1494人がプレハブ仮設住宅入居中に死亡したことがわかりました。
プレハブ仮設住宅は52,879戸(岩手1万3984戸、宮城2万2095戸、福島1万6800戸)建設されました。
平均すると100戸に3戸の仮設住宅では、人が亡くなったことになります。

【参考】
仮設入居中1494人死亡 プレハブ住宅被災3県調査 実数さらに多く(河北新報2019年06月17日)
https://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201906/20190617_73022.html
更新日:2019/06/23 作成日:2019/06/23

被災者の保護と社会秩序の保全を図る災害救助法とは?

被災者の保護と社会秩序の保全を図る
『災害救助法』があります。

避難所の設置は、『災害救助法』が元になってできています。

災害救助法の概要
1.目的
 災害に対して、国が地方公共団体、日本赤十字社その他の団体及び国民の協力の下に、
応急的に、必要な救助を行い、被災者の保護と社会秩序の保全を図ること。

2.実施体制
○ 法に基づく救助は、都道府県知事が、現に救助を必要とする者に行う。(法定受託事務)
○ 必要に応じて、救助の実施に関する事務の一部を市町村長へ委任できる。
○ 広域的な大規模災害に備えて、あらかじめ他の都道府県と協定を締結したり、発災後に速やかに
応援要請できる体制を整えておくことが望ましい。(応援に要した費用については、被災県に全額求償可能)

3.救助の種類
○ 避難所の設置
○ 応急仮設住宅の供与
○ 炊き出しその他による食品の給与
○ 飲料水の供給
○ 被服、寝具その他生活必需品の給与・貸与
○ 医療・助産
○ 被災者の救出
○ 住宅の応急修理
○ 学用品の給与
○ 埋葬
○ 死体の捜索・処理
○ 障害物の除去

4.適用基準
○ 災害により市町村等の人口に応じた一定数以上の住家の滅失(全壊)がある場合
(令第1条第1項第1号~第3号)
○ 多数の者が生命又は身体に危害を受け、又は受けるおそれが生じた場合であって、避難して継
続的に救助を必要とする場合等(令第1条第1項第4号)

5.国庫補助
救助に要した費用のうち、5割以上を国庫が負担する仕組みとなっている。
更新日:2019/06/25 作成日:2019/06/22

【山形県沖地震で被災された皆さま】地震により発生した災害廃棄物(ごみ)の仮置き場を設置しました。(鶴岡市より)

鶴岡市のホームページより(2019年6月22日 24日追加更新 (由良地内と三瀬地内に仮置き場を追加設置します。))

6月18日の山形県沖地震によって損傷した屋根瓦などは、
災害ごみとして市が処理いたします。
下記に留意していただき、仮置き場への適正な搬入をお願いいたします。

1 仮置き場設置場所
  (1)岡山最終処分場駐車場(対象:鶴岡市全域)
  (2)温海地内 旧消防温海分署跡地(対象:温海地域)
  (3)小岩川地内 小岩川広場(対象:小岩川集落)
  (4)早田地内 公民館脇広場(対象:早田集落)
  (5)鼠ヶ関地内 平佐浜野積場(対象:鼠ヶ関、鍋倉、小名部の各集落)
  (6)由良地内 由良第2駐車場(対象:鶴岡地域) ※期間(6/23~7/7)
  (7)三瀬地内 三瀬コミュニティセンター(対象:豊浦地域)※期日(6/30と7/7の両日の午前9時~正午)
2 受入れ期間
  令和元年6月22日(土曜)から7月31日(水曜)まで※休日含む
  ※ただし、(6)由良地内 由良第2駐車場は、令和元年6月23日(日曜)から7月7日(日曜)まで
        (7)三瀬地内 三瀬コミュニティセンターは、令和元年6月30日(日曜)と7月7日(日曜)の両日の午前9時~正午のみ
3 受入れ時間
  午前9時から午後4時まで
  ※ただし、(7)三瀬地内 三瀬コミュニティセンターは、令和元年6月30日(日曜)と7月7日(日曜)の両日の午前9時~正午のみ
4 搬入できるごみ
  (1)屋根瓦 (2)コンクリートがら (3)廃材(木くず、金属くずなど) (4)可燃物(布団、畳など)
 (5)家電製品 (6)その他災害ごみ
  ※6月18日の地震により発生した災害ごみのみとし、割れた茶碗 やガラスなど通常のごみステーショ
  ン経由で処理できるものを除く。
5 搬入にあたっての留意事項
 (1)搬入の際は現場の指示、表示に従い、ごみの種類ごとに分別してください。
 (2)災害により発生したごみ以外の搬入はしないこと。
  ※災害ごみの片づけが困難な方は、ボランティアからの支援についてご相談ください。
6 問い合わせ先
 (1)災害ごみの処理に関すること
   鶴岡市 市民部 廃棄物対策課 TEL:0235-22-2848
 (2)ボランティアの依頼に関すること
   鶴岡市社会福祉協議会 ボランティアセンター TEL:0235-23-2970
   温海福祉センター TEL:0235-43-2114

【参考】
地震により発生した災害廃棄物(ごみ)は、仮置き場に搬入してください。(由良地内と三瀬地内に仮置き場を追加設置します。)(鶴岡市)
https://www.city.tsuruoka.lg.jp/kurashi/gomi-seikatsu/gomirecycle/saigai.html