FC2ブログ
更新日:2019/08/31 作成日:2019/08/31

兵庫県は、管理する43水系249河川について、「千年に1度」クラスの大雨がもたらす浸水想定を発表しました。

s-洪水浸水想定区域図等(兵庫県2019年8月30日)

兵庫県は29日に、管理する43水系249河川について、
「千年に1度」クラスの大雨がもたらす浸水想定を発表しました。

想定最大規模降雨による洪水浸水想定区域図等について(更新日:2019年8月30日 兵庫県)
https://web.pref.hyogo.lg.jp/ks13/page.html

近年、河川整備の目標を上回る降雨により甚大な洪水被害が全国各地で発生しています。

兵庫県では、河川整備の目標としている降雨により河川が氾濫した場合の洪水浸水想定区域図〔計画規模の浸想図〕を公表していますが、前述のことを踏まえ、「施設では防ぎきれない大洪水は発生するもの」との考えに立ち、新たに想定し得る最大規模の降雨による洪水浸水想定区域図〔想定最大の浸想図〕等の公表を進めています。県民の皆様に水害のリスクを確認いただき、避難等に役立てていただけるよう、県が管理する全ての河川について順次作成し、令和2年の出水期までに公表していきます。

※未作成の河川がありますので、浸水エリア等を確認の際は、ご注意ください。
スポンサーサイト



更新日:2019/08/30 作成日:2019/08/30

佐賀豪雨が発生しました。佐賀新聞のWEBサイトで情報を知ることができます。被害状況はもちろんのこと、『<佐賀豪雨>県内金融機関が 相談窓口や融資(2019年8月30日)』等、被災者にとって重要な情報も発信されています。

佐賀豪雨が発生しました。
被害に遭われた皆さまに対し、心よりお見舞い申し上げます。
心と身体をケアを優先し、再建に向けて取り組まなくてはなりません。

地元紙(佐賀新聞)が、様々な情報を出されています。

被害状況はもちろんのこと、
今、6時20分には、
<佐賀豪雨>県内金融機関が 相談窓口や融資
等、被災者にとって重要な情報も発信されています。(2019年8月30日)

https://www.saga-s.co.jp/subcategory/佐賀豪雨
更新日:2019/08/29 作成日:2019/08/29

在宅被災者ってご存じですか?9月1日午前6時!と早い時間ですが、BS放送で見ることができます。NHKBS 「忘れられた“在宅被災者”~東日本大震災からの警告~」

s-DSCN8815.jpg


「忘れられた“在宅被災者”~東日本大震災からの警告~」

再放送(NHKBS1)
2019年9月1日(日) 午前6時00分(50分)

番組ホームページには
「誰もが当事者になり得る在宅被災者」と書かれていますが、
去年(2018年)の大阪北部地震、台風21号、北海道胆振東部地震等で見られます。
是非、見てみましょう。

番組ホームページには、視聴者の感想等も記載されています。


【番組ホームページ https://www.nhk.or.jp/docudocu/program/2443/3115683/】
東日本大震災から8年以上経った今も壊れたままの家で暮らす「在宅被災者」。
宮城県石巻市だけで2400世帯を超え、西日本豪雨など全国の災害でも数多く生まれることが明らかになってきた。
震災以来、宮城県石巻市で支援活動を続けてきたのが、ボランティア団体「チーム王冠」。
心身共に追い詰められる人が相次ぐ中、新たな支援策に乗り出している。
誰もが当事者になり得る在宅被災者の驚くべき実態と支援の最前線に密着した。
更新日:2019/08/28 作成日:2019/08/28

【注意】長崎、佐賀、福岡県等に大雨特別警報が出ています。佐賀駅前では、膝まで水に浸かっている映像を見ました。今後の雨(気象庁)では、まだ降るようです。3県の避難情報サイトをまとめました。くれぐれもお気をつけて。。。

s-大雨特別警報(長崎県・佐賀県・福岡県)

長崎県、佐賀県、福岡県等に大雨特別警報が出ています。
佐賀駅前では、膝まで水に浸かって歩いているおられる映像を見ました。
浸水した道路は、マンホールが外れていたり、流れてきた物等で、足に怪我をする可能性があがります。
くれぐれもお気をつけて。。。

▼今後の雨(気象庁)では、まだ降るようです。
https://www.jma.go.jp/jp/kaikotan/index.html

避難情報や、交通情報等が記載されています。

【長崎県】長崎県総合防災ポータル
http://www.pref.nagasaki.jp/sb/

【佐賀県】防災・減災さが
http://www.pref.saga.lg.jp/bousai/default.html

【福岡県】福岡県防災ホームページ
https://www.bousai.pref.fukuoka.jp/index.php
更新日:2019/08/27 作成日:2019/08/27

西日本豪雨後から1年を経て、応急仮設住宅入居者の生活再建の意向がわかる調査結果が、岡山県健康福祉課から発表されました。自宅再建に課題ありと答えている方が、640名おられます。

s-住まいの再建

生活再建支援の参考とするため本年6月に実施した「住まいの再建に関する意向調査」の結果が
岡山県健康福祉課から発表されました(2019年8月23日)。

応急仮設住宅入居者の今後の住まいの見通しなどがみられます。

簡単に見てみますと、

災害公営住宅を希望される方が134名
再建方法検討中250名

仮設住宅から転居時期は未定の方が710名

同時に、自宅再建に課題ありと答えている方が、640名おられます。

【出典】「住まいの再建に関する意向調査」の結果について(岡山県健康福祉課)
http://www.pref.okayama.jp/site/presssystem/624671.html
更新日:2019/08/26 作成日:2019/08/26

災害後、あなたのお住まいの地域ではどこに仮設住宅ができるかご存じですか? 応急仮設住宅が建設される候補地を事前に周知することで混乱を生じさせず、住む場所を迅速に確保することで、避難生活のストレスを少しでも軽減させるため、長野県では、仮設住宅の建設候補地の一覧が公表されています。

s-仮設住宅

災害後、あなたのお住まいの地域ではどこに仮設住宅ができるかご存じですか? 
長野県では、仮設住宅の建設候補地の一覧が公表されています。
応急仮設住宅が建設される候補地を事前に周知することで、
災害発生時、周辺住民に混乱を生じさせない。
被災後、住む場所を迅速に確保すれば、避難生活のストレスを少しでも軽減できるかもしれません。

【出典】
災害発生時に応急仮設住宅を速やかに整備するため作成した「建設候補地一覧表」を更新しました!!(長野県建設部建築住宅課)
https://www.pref.nagano.lg.jp/kenchiku/kurashi/sumai/tokei/jutaku/oukyuukasetukensetukouho.html
更新日:2019/08/25 作成日:2019/08/25

地震で建物が被害を受ける原因を知っていますか?どんなに丈夫な建物に住んでいても、支える地盤がしっかりしていなければ安全性は低くなります。あなたの街の揺れやすさを知ることができるサイトがあります。

s-液状化 地盤

地震で建物が被害を受ける原因を知っていますか?

どんなに丈夫な建物に住んでいても、
支える地盤がしっかりしていなければ安全性は低くなります。
大地震のたびに不安定な地盤が原因で液状化等の被害が出ました。
地盤による被害を軽減するには、土地を熟知することが必要です。

朝日新聞のサイトで、あなたの街の揺れやすさを知ることができます。

おー、私の地区は、「特に揺れやすい!」と、出ました。。(涙)。
でも、まずは、知ることが大切ですね。

▼試してみては如何でしょうか?
http://www.asahi.com/special/saigai_jiban/



【出典】
(地盤被害に学ぶ)地盤を知る 埋め立て・盛り土、高いリスク(朝日新聞2015年12月21日)
https://www.asahi.com/articles/DA3S12127317.html
更新日:2019/08/24 作成日:2019/08/24

「災害備蓄の非常食が消費期限をむかえていませんか?」 非常食が豪華洋食になるそうです。ローリングストックが進む一つの手段とは?

s-非常食3


「災害備蓄の非常食が消費期限をむかえていませんか?」 
普段使用しないので、忘れがちですね。

普段から少し多めに食材、加工品を買っておき、使ったら使った分だけ
新しく買い足していくことで、常に一定量の食料を家に備蓄しておく方法をローリングストックと言います。

と言っても、なかなか。。。

プロのコックにかっかると、
豪華洋食になるそうです。
これなら、ローリングストックも進みます。

「あっ、防災のために、飲みに行かないと。。。飲みに行きたいわけでは無いのですが。。。これ、防災のために備蓄品の交換しないといけない。。。洋食にしてくれるそうなので、ワインを飲まないわけにも行かず。。。。」と。

賞味期限切れ対策に「非常洋食」を提案・調理提供してくださる老舗洋食とワインのお店「土筆苑」。
エッグタルト、エビ餅グラタン、タイカレー、オムライス、白玉あんみつ・・・・。ヨダレが出てきました。。。。

【参考】
洋食とワインのお店「土筆苑」 災害用非常食が豪華洋食に(日本食糧新聞2019年8月2日)
https://news.nissyoku.co.jp/news/sinohara20190724094753935

更新日:2019/08/23 作成日:2019/08/23

総社市の片岡聡一市長は21日の定例会見で、西日本豪雨で被災し自力での自宅再建が難しい市民向けに、復興住宅(災害公営住宅)を、市内2カ所に建設する考えを明らかにした。(山陽新聞2019年8月21日)

総社市の片岡聡一市長は21日の定例会見で、
西日本豪雨で被災し自力での自宅再建が難しい市民向けに、
復興住宅(災害公営住宅)を、市内2カ所に建設する考えを明らかにされました。

【出典】
総社市では、2カ所に復興住宅建設へ 自力で自宅再建が困難な市民対象(山陽新聞2019年8月21日)
https://www.sanyonews.jp/article/930839/

同市昭和地区の住民向けには、同市美袋の建設型仮設住宅の敷地に、同市下原地区の住民向けには、同地区内に整備する。建物は、福島県から譲り受けた現在の仮設住宅を活用する。今後、被災者からニーズを聞き取り、建設戸数を固める。

 また、2年間の仮設住宅の入居期限後を見据え、同じ住宅に住み続ける場合、さらに最長3年間、市営住宅並みの家賃で住み続けられるよう、市が家賃の一部を補助することも明らかにした。

 市は、復興住宅の整備費として4億円を市復興計画に盛り込んでおり、復興住宅建設に2億7千万円、家賃補助に1億2千万円を充てる。

 総社市では現在、建設型仮設住宅に38世帯、みなし仮設住宅などに70世帯が入居している。
更新日:2019/08/22 作成日:2019/08/22

【 地域の “受援力” を高めよう! 】 大規模災害になると、被災者だけでは、復旧ができません。貴方のできる範囲で応援していきましょう。

s-仲間


大規模災害になると、被災者だけでは、復旧ができません。
貴方のできる範囲で応援していきましょう。
次の被災者になるかもしれません。
お互いさまです。

被災者も、ボランティアを地域で受け入れる環境・知恵などの力(受援力)が必要です。

防災ボランティア活動を受け入れる地域の “受援力” を高めよう(内閣府)
https://www.gov-online.go.jp/useful/article/201101/2.html


「助けて」と言える力(受援力)を高める3つの方法
http://sonaedisaster.blog.fc2.com/blog-entry-155.html