FC2ブログ
更新日:2019/09/30 作成日:2019/09/30

インドネシア・スラウェシ島地震・津波(2018年9月28日)から1年。1日10時間、鉄くず採掘=「食べることさえ難しい」(時事通信2019年09月28日)

インドネシア・スラウェシ島パル市周辺で
4800人以上の死者・行方不明者を出した
地震・津波から28日で1年を迎えた。

時事通信では、
現地の学校再建と被災者の生活模様。

毎日新聞では、
被災地では活気が戻り、仮設住宅の整備が進む一方、
街の再建計画には時間がかかっている。
震災後の経済的、また精神的な打撃によって今も苦しむ被災者の姿を
2回に分けて報告されています。

【参考】
1日10時間、鉄くず採掘=「食べることさえ難しい」-スラウェシ島地震1年(時事通信2019年09月28日)
https://www.jiji.com/jc/article?k=2019092700916&g=int

60年の絆で再建支援=津波損壊の小学校-インドネシア・スラウェシ島地震1年(時事通信2019年09月28日)
https://www.jiji.com/jc/article?k=2019092700879&g=int

地震・津波1年/上 困窮、増える児童婚 14歳、両親に強要され逃亡(毎日新聞2019年9月28日)
https://mainichi.jp/articles/20190928/ddm/007/030/020000c

危険地帯に戻るしか インドネシア・スラウェシ島地震・津波1年[下] 政府の移転計画進まず(毎日新聞2019年9月29日)
https://mainichi.jp/articles/20190929/ddm/007/030/053000c
スポンサーサイト



更新日:2019/09/29 作成日:2019/09/29

台風15号特例に大阪北部地震3市 一部損壊支援要請へ 住宅再建支援を根本的に見直す機会に

s-s-190926am34men.jpg

住宅再建支援を根本から見直す機会を早く設けないと、
次の災害が起きるときはどうなるのか不安が残る。

また、少しづつの改善が、復興の源である過去の被災者と現・未来の被災者との分断を生み、
力を削いでしまうのではないか不安です。
去年の北海道胆振東部地震、台風21号でも一部損壊で、相談すらできない被災者がおられます。

 ただ、まだ、改善途中でもあるので、オールジャパンが、
粘り強く対応していくのが一番大事だと思う。

阪神・淡路大震災から25年。。。「いつまで改善・改善と言っているの?」と、被災者には言われますが(涙)。

【参考】「家がどんどん傷んでいます。思い出が詰まった家なので早く直したいですが、今はどうすることもできません」
https://www.facebook.com/photo.php?fbid=2564155610308901

【参考】防災・安全交付金の概要
https://www.mlit.go.jp/common/000998338.pdf
更新日:2019/09/28 作成日:2019/09/28

千葉県だけではなく、東京都の島嶼部の被害もあった台風15号。 2019年9月27日17時に、被災者生活再建支援法が、新島村に適用されました。対象世帯へは、生活・住まいの再建に支援金が出ます。

s-190927東京都新島村に被災者生活再建支援法の適用


千葉県だけではなく、東京都の島嶼部の被害もあった台風15号。
2019年9月27日17時に、被災者生活再建支援法が、新島村に適用されました。

適用基準
被災者生活再建支援法施行令第1条第6号

今回の適用は、第6号(同条第3号及び第4号に規定する都道府県が2以上ある場合における市町村(人口10万未満のものに限る。)の区域であって、その自然災害により5(人口5万未満の市町村にあっては、2)以上の世帯の住宅が全壊する被害が発生したもの)に該当することによる。
※ 令和元年台風第15号による災害では、東京都及び千葉県が第4号に規定する都道府県に該当。新島村の人口は、2,749人(平成27年国勢調査による。)であり、人口50,000人未満であることから、全壊2世帯以上で第6号に該当。

【参考】令和元年台風第15号に係る対応について(第60報)<令和元年台風第15号災害に係る被災者生活再建支援法の適用について>【東京都】
https://www.bousai.metro.tokyo.lg.jp/taisaku/saigai/1002081/1006782.html
更新日:2019/09/27 作成日:2019/09/27

台風15号の住まいの被害に関し、内閣府は台風による被害だけでなく、 その後の雨で生じた雨漏りなどの被害も加味して「半壊」や「一部損壊」などを判定するよう、 関係する自治体に通知しました。

s-罹災証明申請書

台風15号で多くの住宅に被害が出た千葉県内の自治体では、
り災証明書の発行に向けた現地調査が始まっている所もありますが、
内閣府は台風による被害だけでなく、
その後の雨で生じた雨漏りなどの被害も加味して「半壊」や「一部損壊」などを判定するよう、
関係する自治体に通知しました。

【出典】
り災証明書 台風後の雨の被害も加味し判定を 内閣府が通知(NHK2019年9月24日)
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190924/k10012097061000.html

【参考】
罹災証明書(内閣府)
http://www.bousai.go.jp/taisaku/hisaisyagyousei/risaisyoumeisyo.html
更新日:2019/09/26 作成日:2019/09/26

千葉県の自治体に対し、台風15号において特例で、一部損壊に国が修理支援開始

s-190925am.jpg

「家がどんどん傷んでいます。思い出が詰まった家なので早く直したいですが、今はどうすることもできません」
本日25日の朝日新聞(インターネット版は24日22時頃)よると、一部損壊の修理補助金 国が9割負担されるそうです。

 台風15号(9月9日頃)の上陸から、既に15日間。。。。。雨漏りの家の写真も多く見てきました。
 これを皮切りに住宅再建支援制度全体が大幅に改善されるよう願うと共に、大阪北部地震や台風21号(2018年)の被災者は?
 災害の多い日本では、オールジャパンで考えないといけないと思う。支援が、過去の災害の被災者との分断を生まないことを、被災者の支援制度が改善される元になる源泉(被災者の思いや体験を語り、それを行政や、政治家や学識経験者が繋ぐ)のため願います。
 また、被災者や生業(特に個人の商店・工場)の再建は、一時も早い安心が無いと、毎日毎日不安をかかえる被災者は、地域から離れる方も出てきます。

先祖代々慣れ親しんできたふるさとの相浜地区を離れ、別の場所に家を購入することも検討しているということです。磯部さんは「家がどんどん傷んでいます。思い出が詰まった家なので早く直したいですが、今はどうすることもできません」と話していました。

千葉 長期化必至の住宅再建 ふるさと離れることを考える人も(NHK2019年9月18日)
https://www3.nhk.or.jp/n…/html/20190918/k10012088041000.html

更新日:2019/09/25 作成日:2019/09/25

【テレビ放送の連絡 読売テレビ25日15:50~】台湾集集地震から、20年。災害後、日本と台湾の被災地交流が続いています。読売テレビで流れます。

s-71115172_3214599575249221_7158585617612275712_n.jpg

続きを読む

更新日:2019/09/24 作成日:2019/09/24

県南部の鋸南町に住宅の補修などの相談を受ける窓口を、 千葉県と建築士などで作る団体が25日に設置へ

s-相談1


千葉県と建築士などで作る団体は、
台風15号で住宅に多くの被害が出た
県南部の鋸南町に住宅の補修などの相談を受ける窓口を25日、
設置することになりました。

一度の相談では、安心できないけど少しでも、不安を減らして欲しいです。

【出典】住宅の相談窓口 25日に設置へ(NHK2019年9月23日19時04分)
https://www3.nhk.or.jp/shutoken-news/20190923/1000036744.html
更新日:2019/09/23 作成日:2019/09/23

台風15号の被災地(千葉等)で被害が拡がらないことを願っています。台風17号情報(気象庁)→https://www.jma.go.jp/jp/typh/191724.html

s-00424455CX.jpg

台風15号の被災地(千葉等)で被害が拡がらないことを願っています。

▼台風17号情報(気象庁)
https://www.jma.go.jp/jp/typh/191724.html

【参考】台風17号 夕方に北日本接近へ 西日本中心に空の便に影響も(2019年9月23日月曜 午前6:16現在)
https://www.fnn.jp/posts/00424455CX/201909230616_CX_CX
更新日:2019/09/22 作成日:2019/09/22

非常電源に電気自動車活用を、所有者に協力してもらう新たな制度を始めた鳥取県

s-電気自動車

災害時に、避難所などで使える非常用電源として、
民間企業や個人が所有する電気自動車を活用しようと、
鳥取県は、所有者を事前に登録し、災害時に協力してもらう新たな制度を始めました。

県では、すでに協力の呼びかけを始めていて、
県によりますと、災害時の電気自動車の協力制度を都道府県単位で設けたのは、
全国で初めてだということです。

【出典】非常電源に電気自動車活用(鳥取 NEWS WEB 2019年9月18日)より
https://www3.nhk.or.jp/lnews/tottori/20190918/4040003396.html
更新日:2019/09/20 作成日:2019/09/20

台風17号発生しました。3連休中に広範囲に影響出るおそれがあるそうです。速度も速いです。早めの対策をしましょう。

s-1917-00 (1) - コピー

台風17号発生しました。
3連休中に広範囲に影響出るおそれがあるそうです。
速度も速いです。早めの対策をしましょう。

【参考】
台風15号情報(気象庁)
https://www.jma.go.jp/jp/typh/1917.html