FC2ブログ
更新日:2019/10/31 作成日:2019/10/31

★台風19号の災害によりお借入れのご返済が困難となった皆さまへ★「自然災害による被災者の債務整理に関するガイドライン」の対象災害となり、一定の要件の下、住宅ローンなどの免除・減額を受けることができるそうです。

s-車 家 ローン

★台風19号の災害によりお借入れのご返済が困難となった皆さまへ★

台風19号による災害は、災害救助法が適用されたことにより、
「自然災害による被災者の債務整理に関するガイドライン」の対象災害となりました。

台風19号の災害によりお借入れのご返済が困難となった個人のお客さまは、
本ガイドラインにより、一定の要件の下、住宅ローンなどの免除・減額を受けることができるそうです。

ガイドラインの詳しい内容につきましては、下記のホームページより

【参考】
対象となり得る債務者について(一般社団法人 東日本大震災・自然災害被災者債務整理ガイドライン運営機関)
http://www.dgl.or.jp/victim/

台風19号によりお借入れのご返済が困難となった個人のお客さまへ
「自然災害による被災者の債務整理に関するガイドライン」について(八十二銀行)
https://www.82bank.co.jp/news/20191018.html
スポンサーサイト



更新日:2019/10/30 作成日:2019/10/30

内閣府は、台風19号の被災者向け仮設住宅について、 自宅が土砂流入などで一時的に住めない状態の「半壊」であっても、 入居の対象になると被災自治体に通知しました。ただし、仮設住宅に入ると、最大59万5千円が補助される「応急修理制度」は使えないため、自費による修理となります。

下記、朝日新聞記事より。

内閣府は、台風19号の被災者向け仮設住宅について、
自宅が土砂流入などで一時的に住めない状態の「半壊」であっても、
入居の対象になると被災自治体に通知しました。

昨年7月の西日本豪雨などで対象が「半壊」以上に広げられたが、
元の家の解体・撤去が前提だった。

床や壁の修理が終わるまでの住まいとして入れるようになる。

ただし、仮設住宅に入ると、最大59万5千円が補助される「応急修理制度」は使えないため、自費による修理となる。

【参考】
仮設住宅、半壊でも入居対象に 「修理までの避難」も可(朝日新聞2019年10月24日)
https://www.asahi.com/articles/ASMBS66KFMBSUNHB00P.html
更新日:2019/10/29 作成日:2019/10/29

★家屋を被災された皆さまへ 住まいの再建は、始める前に専門家へ相談を!★  「支払ってしまってますか…。それでは応急修理制度の支援は受けられません」  佐賀豪雨から2ヶ月。住まいの再建の手続きの進め方で支援金を受け取れない被災者が出ています。

s-相談2

★家屋を被災された皆さまへ 住まいの再建は、始める前に専門家へ相談を!★
 「支払ってしまってますか…。それでは応急修理制度の支援は受けられません」
 佐賀豪雨から2ヶ月。住まいの再建の手続きの進め方で支援金を受け取れない被災者が出ています。

【水害直後 弁護士からの10か条】( 今田 健太郎 (Kentaro Imada)) 先生Facebook〜10.22最新版)
(各弁護士会の無料電話相談や、英語版も載せています)
https://www.facebook.com/kentaro.imada.31/posts/2151984011572491

<佐賀豪雨>支払い済み修理は補助外 被災者、支援制度に困惑 2カ月たち新たに対象拡大も 生活再建とちぐはぐに(佐賀新聞2019年12月27日)
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191027-03446416-saga-l41
更新日:2019/10/29 作成日:2019/10/29

★ 台風19号等で、家屋の被害に合われた皆さま 諦めないで、調べると、 様々な一時入居の住まいがあります  競争率も高いところもあるようです。 希望の方はお早めに申請を! ★

s-鍵渡し 住まい

台風19号等で、家屋の被害に合われた皆さま 諦めないで、調べると、
様々な一時入居の住まいがあります  競争率も高いところもあるようです。
希望の方はお早めに申請を!

 各自治体や住宅を管理する組織等で、一時避難所扱いの住まいが提供されています。『●●(自治体名)』『台風10号』『住まい』等で、調べてみると出てくるかと思います。
 下記のサイトに、災害救助法を提供された地区については、まとめられています。ただ兵庫県のように、被災地以外でも、住まいの提供をしている自治体もあります。広域な避難先でも、自治体に問い合わせてみると、何かしら情報があるかもしれません。

【参考】
・令和元年台風19号 住宅支援まとめ【一時入居・仮住まい情報】※最終更新10月24日
https://suumo.jp/journal/2019/10/24/167867/

「令和元年台風第15号及び第19号による被害」被災者の住まいの確保(国土交通省)
http://www.mlit.go.jp/jutakukentiku/house/jutakukentiku_house_tk3_000070.html

・令和元年台風第19号の被災者に提供する兵庫県営住宅(兵庫県 県土整備部住宅建築局住宅管理課管理班)
https://web.pref.hyogo.lg.jp/press/documents/20191021_3959_1.pdf
更新日:2019/10/28 作成日:2019/10/28

★長野市で被災された中小企業者の皆さまへ★ 長野市で、利用できる融資制度のご案内がホームページにでています。

s-BCP 事業継続計画

★長野市で被災された中小企業者の皆さまへ★
 長野市で、利用できる融資制度のご案内がホームページにでています。

・長野市中小企業振興資金融資制度 災害対策資金
・長野県中小企業融資制度 経営健全化資金(災害対策)

対象者や融資額等、詳細は、下記のホームページにて

【参考】令和元年台風第19号により被災された中小企業者の皆さまへ(長野市 商工労働課 商業振興・融資担当 )
https://www.city.nagano.nagano.jp/soshiki/skr/439811.html
更新日:2019/10/27 作成日:2019/10/27

台風19号で、多くの地区が被災している中、被災した地区で、 自治会が ” 自前 ” のボランティア組織を立ち上げ、 共助の精神で復旧を進めている地区があります。https://www.shimotsuke.co.jp/articles/-/233974

s-助け合い

台風19号で、多くの地区が被災している中、被災した地区で、
自治会が ” 自前 ” のボランティア組織を立ち上げ、
共助の精神で復旧を進めている地区があります。

【参考】台風19号 自治会ボランティア結成 住宅や農地に土砂、互いに支援 足利・稲岡町(下野新聞2019年10月19日)
https://www.shimotsuke.co.jp/articles/-/233974
更新日:2019/10/26 作成日:2019/10/26

災害発生時、避難生活、生活再建に向けて、わかりやすく説明されている 豪雨災害に備えるガイドブックが、認定NPO法人 茨城NPOセンター・コモンズから出てきます。

災害発生時、避難生活、生活再建に向けて、わかりやすく説明されている
豪雨災害に備えるガイドブックがあります。

【出典】
豪雨災害に備えるガイドブック 
災害発生時、避難生活、生活再建
常総市の被災者の取り組みから

たすけあいセンター「JUNTOS」
認定NPO法人 茨城NPOセンター・コモンズ
http://www.npocommons.org/data/suigai-guideA5.pdf
更新日:2019/10/25 作成日:2019/10/25

堤防の被害状況と工事の進捗状況と、 動画を見ることができます。 【参考】令和元年10月台風19号における対応【緊急復旧工事進捗状況について】(関東地方整備局河川部) 

s-28 6k付近 茨城県那珂市下江戸地先)

堤防の被害状況と工事の進捗状況と、
動画を見ることができます。

【参考】令和元年10月台風19号における対応【緊急復旧工事進捗状況について】(関東地方整備局河川部)
http://www.ktr.mlit.go.jp/kisha/kyoku_s_00000410.html
更新日:2019/10/24 作成日:2019/10/24

★事業を再建しようとしている皆さま 諦めないで!★政府は台風19号で被災した中小企業などに対し、復旧費の一部を補助する「グループ補助金」を適用する検討に入りました。

s-BCP 事業継続計画


★事業を再建しようとしている皆さま 諦めないで!★
 政府は台風19号で被災した中小企業などに対し、
復旧費の一部を補助する「グループ補助金」を適用する検討に入りました。
 企業の私有財産は自力復旧が原則だが、堤防の決壊などで過疎地を含む広範な地域が被災しており、
放置すれば地域経済や雇用に深刻な影響を及ぼしかねないと判断、特例的に直接支援に乗り出すそうです。
 激甚災害の正式指定や被害総額の把握を待って本格検討に入る。指定地域に所在する企業や商店が取引先などとグループを形成し、復旧・復興に向けた計画を策定した場合、
 建物・設備復旧費の最大4分の3を国・県が補助する方向だ。財源は今年度の予備費や近く編成作業に入る補正予算から捻出する。

【参考】
台風19号 グループ補助金検討 中小復旧費 最大4分の3(毎日新聞2019年10月18日)
https://mainichi.jp/articles/20191018/ddm/005/040/103000c

首相、長野の被災状況を視察 農家・中小企業の支援表明(朝日新聞2019年10月20日)
https://www.asahi.com/articles/ASMBN4K4GMBNUTFK004.html
更新日:2019/10/23 作成日:2019/10/23

★台風19号で家屋を被災された福島県の皆さま★  県営住宅等を一時的な避難先として提供されるそうです。  本日23日、入居募集が始まりました。  22日時点で提供が決まっているのは約310戸。入居が可能となるのは29日以降。  申込者が募集戸数を超える場合は、抽選により使用できる方を決定されるそうです。

s-公営住宅1

★台風19号で家屋を被災された福島県の皆さま★

 県営住宅等を一時的な避難先として提供されるそうです。
 本日23日、入居募集が始まりました。
 22日時点で提供が決まっているのは約310戸。入居が可能となるのは29日以降。
 申込者が募集戸数を超える場合は、抽選により使用できる方を決定されるそうです。

【参考】
台風19号により被災した方への県営住宅の提供について(福島県建築住宅課)
https://www.pref.fukushima.lg.jp/sec/41065a/taifu19-kenneijyuutakuteikyou1.html