FC2ブログ
更新日:2019/11/30 作成日:2019/11/30

★ いわき市で、台風19号により被災した中小企業・小規模事業者の皆さま ★ 自治体独自の支援もあります。http://www.city.iwaki.lg.jp/www/contents/1571816296915/index.html

s-商店街 店 人々 


★ いわき市で、台風19号により被災した中小企業・小規模事業者の皆さま ★
 いわき市は自治体独自の支援もあります。
「いわき市被災事業者事業継続奨励金(10万円)」が、
「中小企業等グループ補助金」または「小規模事業者持続化補助金」の
交付決定を受けると、交付されます。

その他、「いわき市豪雨災害特別資金」等、いわき市独自の支援があります。

【参考】台風19号により被災した中小企業・小規模事業者への支援について(いわき市)
http://www.city.iwaki.lg.jp/www/contents/1571816296915/index.html
スポンサーサイト



更新日:2019/11/29 作成日:2019/11/29

冬の寒さが本格的になる前に、今月中には、仮設住宅の完成予定(長野市)

s-191120仮設住宅今月中完成へ準備進む(NHK長野)


冬の寒さが本格的になる前に、今月中には、仮設住宅の完成予定(長野市)

 トレーラーハウス型の仮設住宅の設置が進められている
古里地区の「駒沢新町第2団地」では20日、
作業員がガスの給湯器などを備え付ける作業を行っていました。

以下、ホームページより
【参考】台風19号で被災 今月中の完成めざし仮設住宅の準備進む 長野(NHK2019年11月20日 13時27分)
https://www3.nhk.or.jp/n…/html/20191120/k10012183831000.html
更新日:2019/11/28 作成日:2019/11/28

釜石市が住宅再建に独自支援 合わせると最大655万円

s-住まいの再建

釜石市は台風19号の被災者に対し、独自の住宅再建支援金を支給する。
全半壊で再建する場合、最大200万円。
ほかのメニューや被災者生活再建支援法に基づく国の支援金(最大300万円)を組み合わせると、
最大655万円になる。

【参考】釜石市、住宅再建に独自支援金 台風19号、最大200万円(岩手日報2019年11月20日)
https://www.iwate-np.co.jp/article/2019/11/20/68329
更新日:2019/11/27 作成日:2019/11/27

なぜ…?仮設住宅の申請が低調 少なかったら「再募集」に 入居諦めた被災者から“戸惑いの声” 長野 ( 長野放送 2019年11月22日 )

s-191122なぜ…?仮設住宅の申請が低調 少なかったら「再募集」に 入居諦めた被災者から“戸惑いの声” 長野( 長野放送 2019年11月22日 )

長野市では、被災者のための応急仮設住宅をしています。
11月22日が入居申請の締め切りです。
しかし、115戸用意するのにきのうまでの申請は50戸にとどまっていて、市は余ったら再募集することにしています。

下記、ホームページに詳細

【参考】なぜ…?仮設住宅の申請が低調 少なかったら「再募集」に 入居諦めた被災者から“戸惑いの声” 長野( 長野放送 2019年11月22日 )
https://www.fnn.jp/posts/2019112200000006NBS
更新日:2019/11/26 作成日:2019/11/26

★台風19号の被災者の皆さま 兵庫県から、県営住宅300戸が提供されます。★ 令和元年台風第 19 号の被災者に提供する兵庫県営住宅について

s-公営住宅1

令和元年台風第 19 号の被災者に提供する兵庫県営住宅について

 令和元年10月12日に静岡県伊豆半島に上陸した台風第19号による
被災者の方々に対する支援の一環として、被災者を受入れることとし、
10月22日から兵庫県営住宅を300戸提供することとします。

1 提供する県営住宅について

(1) 提供する県営住宅
県営住宅:300戸(即入居可能な住戸)

(2) 入居の期間
原則6か月以内(特に事情がある場合は1年、ただし、住宅再建に時間が必要
な場合は、当面最長2年までの延長を可能とします。)

(3) 入居要件
① 令和元年台風第 19 号により被災された方(県内外を問いません。)
② 収入基準等の公営住宅法による入居者資格要件は問いません。
③ 災害による一時入居とし、公募の対象外とします。
④ 使用料、敷金は免除します。ただし、光熱水費及び共益費及び駐車場利用
料は自己負担していただきます。

2 申し込みの受付け

(1) 受付方法
① まず、お電話でお問い合わせください。
② 電話で世帯人数や希望地域をお聞きし、住宅を斡旋させていただきます。
(2) 申し込み受付(令和元年10月22日から受付)
① 受付時間:午前9時から午後5時30分まで
※10月中は土・日・祝日も受付けします。
② 入居者の決定方法
申し込み受付開始後、先着順で受付けます。

3 お問い合わせ先・申込み先
兵庫県県土整備部住宅建築局住宅管理課
〒650-8567 神戸市中央区下山手通4丁目18-2
電話:078(230)8470
F A X:078(230)8466

【参考】
令和元年台風第19号の被災者に提供する兵庫県営住宅(兵庫県 県土整備部住宅建築局住宅管理課管理班)
https://web.pref.hyogo.lg.jp/press/documents/20191021_3959_1.pdf
更新日:2019/11/25 作成日:2019/11/25

★福島から避難を余儀なくされた農家の皆さま★ 避難農業者経営再開支援事業のお知らせ https://www.pref.fukushima.lg.jp/sec/36021a/hinannogyosya-keieisaikaishienjigyo-hojokin.html

s-191101避難農業者経営再開支援事業(福島県)_imgs-0001

★福島から避難を余儀なくされた農家の皆さま★

ホームページより
避難農業者経営再開支援事業のお知らせ
 福島県は、東日本大震災に伴い発生した東京電力株式会社福島第一原子力発電所事故の影響により、避難を余儀なくされた地域(田村市、南相馬市、川俣町、広野町、楢葉町、富岡町、川内村、大熊町、双葉町、浪江町、葛尾村、飯舘村)から避難されている農業者の方が、避難先や移住先(県外含む。)において、営農再開に向けた取組等を行う場合に必要となる農業用機械、施設、及び家畜の導入等に要する経費を助成します。

避難農業者経営再開支援事業のお知らせ
https://www.pref.fukushima.lg.jp/sec/36021a/hinannogyosya-keieisaikaishienjigyo-hojokin.html
更新日:2019/11/24 作成日:2019/11/24

内閣府防災から、被災者支援に関する各種制度の説明が出ています。 漏れが無いかをチェックし、台風19号のあなたの自治体にも制度があるかを調べ、 自治体へ相談に行きましょう。

s-相談 (2)

内閣府防災から、被災者支援に関する各種制度の説明が出ています。
漏れが無いかをチェックし、台風19号のあなたの自治体にも制度があるかを調べ、
自治体へ相談に行きましょう。

【参考】
被災者支援に関する各種制度の概要(PDF形式:1.21MB)
http://www.bousai.go.jp/taisaku/hisaisyagyousei/pdf/kakusyuseido_tsuujou.pdf
更新日:2019/11/24 作成日:2019/11/24

★ 被災して、途方に暮れている皆さま ★  日本司法書士会連合会が、『無料』電話相談を受け付けられています。  困った時は、弁護士・建築士等専門家や行政に、相談を!

s-相談1

★ 被災して、途方に暮れている皆さま ★
 日本司法書士会連合会が、『無料』電話相談を受け付けられています。
 困った時は、弁護士・建築士等専門家や行政に、相談を!

~~~ こんな相談をお受けします ~~~
*権利証・通帳・カードを失くした!
*ローンや借金どうしよう……
*家が倒壊!借地だけどどうなるの?
*会社の役員が災害で亡くなった
*家の塀が崩れて人が怪我をした
*建築中のマイホームが壊れた   ・・・etc.

◆全国
【災害時無料電話相談(日本司法書士会連合会)】
0120-315199(サイガイキュウキュウ/災害救急)
〇受付時間:平日11:00~17:00
〇実施期間:令和元年10月17日(木)~令和元年12月20日(金) ※土日祝除く
〇フリーダイヤル
〇全国の協力司法書士会の電話相談員につながります

【参考】令和元年台風第15号及び第19号のための連合会及び司法書士会の無料電話相談窓口について(お知らせ) 日本司法書士会連合会
https://www.shiho-shoshi.or.jp/other/topics/info_list/49749/
更新日:2019/11/23 作成日:2019/11/23

【台風19号】災害地の子ども達の学びや育ちの支援向けの 活動助成があります。(公益財団法人ベネッセこども基金)

災害地の子ども達の学びや育ちの支援向けの
活動助成があります。

詳細は、下記です。

【参考】
災害地の子どもの学びや育ちの支援活動助成(公益財団法人ベネッセこども基金)
https://benesse-kodomokikin.or.jp/subsidy/disaster.html
更新日:2019/11/22 作成日:2019/11/22

宮城・丸森町、復興支援室新設へ 復旧業務を総合調整(河北新報2019年11月22日)

s-IMG_20191101_142110 - コピー


宮城・丸森町、復興支援室新設へ 復旧業務を総合調整
 丸森町は21日、台風19号豪雨を受け、復旧業務の総合調整を担う「復興支援室」(仮称)を12月に新設する方針を示した。町の中長期的な復興計画の策定も手掛ける。県からの派遣職員が就く「復興対策監」(同)のポストも設ける。

【参考】宮城・丸森町、復興支援室新設へ 復旧業務を総合調整(河北新報2019年11月22日)
https://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201911/20191122_11022.html