FC2ブログ
更新日:2019/05/30 作成日:2019/05/30

災害時の助け合いは、日常のつきあいで強化されます。

災害時は、自分一人では、できないことも起こります。
(例えば、避難所までの道の条件が悪い、避難所生活での食事等)
近隣の人との助け合いが必要です。
それは、日常のつきあいがあれば、強化されます。
なぜなら、お互いの存在を知っているのでコミュニケーションが円滑にできること等です。
信頼関係があれば、一つ一つの助け合いもスムーズにできます。

災害が、起こってから、それらを構築しても、良いですが、
災害前からあると、一番大変な時(初動期)から、お互い気持ちよく避難所生活ができる可能性が上がります。

スポンサーサイト



コメント

非公開コメント