FC2ブログ
更新日:2019/06/11 作成日:2019/06/11

【 雨期をむかえるにあたって 】 水害・土砂災害の防災情報の伝え方が変わります。

避難勧告等に関するガイドラインの改定(平成31年3月29日)により、
2019年の出水期(6月ごろ)から、防災情報の意味を直感的に理解できるよう
市町村が警戒レベルを用いた避難情報が発令します。

5段階の警戒レベルになります。

警戒レベル3で、避難に時間を要する人とsの支援者は避難。その他の人は、避難の準備を整えましょう。
警戒レベル4で、速やかに全員避難です。

【警戒レベル1】は、災害への心構えを高めましょう。
【警戒レベル2】は、避難に備える。ハザードマップ等で、避難行動を確認しましょう。
【警戒レベル3】は、高齢者等避難
【警戒レベル4】は、全員避難
【警戒レベル5】は、災害が発生してしまっいる状態

また、避難行動をとる際の判断の参考となる情報として、
指定河川洪水予報、河川の水位情報、大雨警報、土砂災害警戒情報、土砂災害危険度分布等を
警戒レベル相当情報として提供されます。

【参考】
避難勧告等に関するガイドラインの改定(内閣府防災)
http://www.bousai.go.jp/oukyu/hinankankoku/h30_hinankankoku_guideline/index.html

s-警戒レベルに関するチラシ(表)

s-警戒レベルに関するチラシ(裏)


スポンサーサイト



コメント

非公開コメント