FC2ブログ
更新日:2019/06/24 作成日:2019/06/24

住宅再建を果たせないまま亡くなる方もいます。

災害後、住まいを失った被災者に提供される仮設住宅。
仮設住宅に住みながら、恒久的な住まいの再建(自立再建、民間賃貸住宅、災害公営住宅等)を行います。
ただ、大規模災害では、再建するにも時間がかかり、仮設住宅の入居期間が長くなることもあります。既に8年の月日が経っています。
住宅再建を果たせぬまま亡くなる方もいます。
河北新報の調査によると、2018年度末までに、少なくとも計1494人がプレハブ仮設住宅入居中に死亡したことがわかりました。
プレハブ仮設住宅は52,879戸(岩手1万3984戸、宮城2万2095戸、福島1万6800戸)建設されました。
平均すると100戸に3戸の仮設住宅では、人が亡くなったことになります。

【参考】
仮設入居中1494人死亡 プレハブ住宅被災3県調査 実数さらに多く(河北新報2019年06月17日)
https://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201906/20190617_73022.html
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント