FC2ブログ
更新日:2019/07/27 作成日:2019/07/27

【 防災に興味のある学生の皆さまへ 】 全国から募集される合宿型防災訓練が、和歌山県海南市でありますよ!

s-避難(要援護者)

最近は災害が、大規模災害しています。
地元の方だけではなく、外部支援者の『若い力』と『専門家の力』が必要です。
和歌山県海南市では、防災訓練の参加者を全国に呼びかけられています。

以下、ホームページより

海南市防災訓練 ~いのちを守る・いのちをつなぐ~

■日時
 2019年9月20日(金)~21日(土)

■場所
 和歌山県海南市

■実施概要
 南海トラフ巨大地震に備え、近年の大規模災害を教訓とした避難時の適切な行動や知識を 身に付けるとともに、地域力や受援力の強化を図るため、津波避難訓練、避難所開設運営訓練、災害ボランティア活動訓練等(連動型)を実施します。

■趣旨
 大規模災害時に、地域住民が迅速かつ的確に行動できるよう地域の防災力を向上させることは非常に重要ですが、少子高齢化が進み、様々な地域課題を抱える本市においては、被災後の復旧期・復興期の支援者として大きな役割を担う地域外の学生や、専門的な知識を有する方々と、被災前から地域課題を共有し、訓練や話し合いなどで『顔の見える関係』を構築し、「若い力」と「専門家の力」を融合させ、より地域力を強化することが、今後の地域づくりでは非常に重要であると考えています。

 今回は、全国から学生50名を募集し、1泊2日の研修や訓練等を通じて、地域の方々や参加者と、楽しくかつ真剣に交流することで、『本市の地域力』と『学生の皆さんの可能性』を新たなステージに進めたいと考えています。

■主催
和歌山県海南市、海南市社会福祉協議会


【参考】
海南市防災訓練 ~いのちを守る・いのちをつなぐ~
http://kainanshishakyo.com/news/20190625?fbclid=IwAR1OIpfboTBkMWGG3wDzYl7j_3vxlNIfYRNhswEAsoGKQGvXxsQkiENZcOI
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント