FC2ブログ
更新日:2019/08/17 作成日:2019/08/17

amazonの欲しいものリストが災害時に活躍したことを知っていますか?

Amazonでは、自分のために商品を買うだけでなく、
相手からプレゼントしてもらうために「ほしい物リスト」のサイトを作ることができます。

Amazonの欲しいものリストが災害時に活躍したことを知っていますか?
災害が起こる前に、サイトを作る等、練習しておきましょう。

また、徳島県では、県として、避難所で必要となる物資を情報を、Amazonと災害協定を結んで実施するようにしています。

アマゾン ジャパン株式会社との「災害発生時における支援に関する協定」の締結について(徳島県2014年9月5日)
https://anshin.pref.tokushima.jp/docs/2014091000021/files/kishahappyou.pdf

概要
アマゾンジャパン株式会社は、徳島県と「災害発生時における支援に関する協定」を平成 26 年 9月に締結した。この協定は、大規模災害の発生に備え、避難生活の長期化が予想される避難所で必要となる物資情報の公開を支援することで、物資を迅速かつ的確に調達することを目的としている。
 同社では、東日本大震災発生後に、通販サイト「Amazon.co.jp」上の「ほしい物リスト」サービスを活用し、約 7,000 か所以上の避難所、学校、非営利団体、個人宅等に合計 10 万個以上の物資を支緩できる環境整備を行った経験がある。
 同社では、大規模な災害発生時においては、避難所への物流が回復次第、避難所毎に作成された「ほしい物リスト」が周知されるように、「Amazon.co.jp」上において特設ページを公開するなど、支援に努めることとしている。
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント