FC2ブログ
更新日:2019/08/27 作成日:2019/08/27

西日本豪雨後から1年を経て、応急仮設住宅入居者の生活再建の意向がわかる調査結果が、岡山県健康福祉課から発表されました。自宅再建に課題ありと答えている方が、640名おられます。

s-住まいの再建

生活再建支援の参考とするため本年6月に実施した「住まいの再建に関する意向調査」の結果が
岡山県健康福祉課から発表されました(2019年8月23日)。

応急仮設住宅入居者の今後の住まいの見通しなどがみられます。

簡単に見てみますと、

災害公営住宅を希望される方が134名
再建方法検討中250名

仮設住宅から転居時期は未定の方が710名

同時に、自宅再建に課題ありと答えている方が、640名おられます。

【出典】「住まいの再建に関する意向調査」の結果について(岡山県健康福祉課)
http://www.pref.okayama.jp/site/presssystem/624671.html
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント