FC2ブログ
更新日:2019/10/08 作成日:2019/10/08

住まいの確保は被災者にとって、大きな判断を要する取り組むざる得ない課題です。 岡山弁護士会から、住宅支援に関する会長声明が出てます。①住宅建設にかかる利子補給金制度の創設,②仮設住宅の供与期間の延長,③災害公営住宅の建設戸数の増加,④被災者に対する住宅支援政策の柔軟化

住まいの確保は被災者にとって、大きな判断を要する取り組むざる得ない課題です。

岡山弁護士会から、住宅支援に関する会長声明が出てます。

1 はじめに
 当会は,平成30年7月豪雨災害の被災者に対し,発災直後から,無料電話相談,現地での無料法律相談会や県内各地の法律相談センターでの無料法律相談を実施し,1600件を超える法律相談を受けている。その中で,最も多いものが住宅に関する相談であることからも,住宅支援が被災者支援の要になることは明らかである。
 そこで,当会は,国及び岡山県,岡山県内の各市町村に対し,以下のとおり①住宅建設にかかる利子補給金制度の創設,②仮設住宅の供与期間の延長,③災害公営住宅の建設戸数の増加,④被災者に対する住宅支援政策の柔軟化,を要望する。

詳細は、下記にあります。

【参考】(2019.09.24)平成30年7月豪雨における住宅支援に関する会長声明(岡山弁護士会)
http://www.okaben.or.jp/news/1883/
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント