FC2ブログ
更新日:2019/02/23 作成日:2019/02/23

地震時の火災防止

地震が起こると、様々なものが崩れます。
そこに、火が入ると、火災になる可能性があります。

地震時はパニックになりますが、
火の元を止めるのを忘れてはいけません。
地震で停電になった時は、避難する前に、ブレーカーを切ることが大切です。
電気が通ると、通電火災(注)が起こることがあります。

家具等倒れ、様々なものが、散乱する可能性があり、
トラッキング現象が起こる可能性もあり、コンセントの掃除も重要です。

万が一火が出た時は、安全を確保しながら、消火が重要です。
消火器や、風呂の水等を利用します。

注)通電火災
電気が復旧したとき、壊れた家電が稼働し、破損した配線に通電し、
そこから火が出て火災になることがある
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント