FC2ブログ
更新日:2019/11/15 作成日:2019/11/15

AI(人工知能)が、被災者の生活再建にも役立てられることになりました。スマートフォンやタブレットで被災者が入力した「LINE」でのお問い合わせに対し、AIが会話形式で応答することで、罹災(りさい)証明や住家被害認定など生活再建等に必要な情報を提供されるそうです。

s-190927生活再建AIチャットボットLINE(台風15号千葉県)横長Twitter用

最近は、よく聞くAI。artificial intelligenceと言って、日本語では、人工知能だそうです。
その機能が、被災者の生活再建にも役立てられることになりました。

台風19号の被害にあった自治体でもされています。
検索してみてください。

千葉県では、台風15号により被災された方からの生活再建等に関するお問い合わせに24時間自動で回答できるよう、
国立研究開発法人防災科学技術研究所との包括協定に基づく協力を得て、
「LINE」上でAIが質問に回答するAIチャットボットによる情報提供を開始します。

このAIチャットボットは、スマートフォンやタブレットで被災者が入力したお問い合わせに対し、
AIが会話形式で応答することで、罹災(りさい)証明や住家被害認定など生活再建等に必要な情報を提供するものです。

【参考】台風15号により被災された方々に、「LINE」のAIチャットボットを活用した情報提供を開始します(千葉県2019年9月27日)
https://www.pref.chiba.lg.jp/gyoukaku/press/2019/saigai-ai.html
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント