FC2ブログ
更新日:2019/02/27 作成日:2019/02/27

エレベーターで地震にあった時の避難方法

エレベーターで地震にあい、地震で停電してしまうと、エレベーターが止まり、閉じ込められる可能性があります。

 揺れを感じたら、“すべての” 行先階ボタンを押し、最初に停止した階で降りましょう。避難には、エレベーターではなく階段を使います。

もし、閉じ込められてしまったら・・・・
無理に脱出をしようとすると大変危険です。エレベーターには、必ず外部と連絡がとれるような装置(インターホン)がついていますので、状況を正確に通報し、救助を待ちましょう。

一般的にエレベーターには換気ファン用の吹き出し穴などがあり、閉じ込めが発生しても窒息することはありません。非常用バッテリーが起動して非常用照明が点灯します。エレベーター内がまっ暗になることはありません。

落ち着いて行動しましょう。

※2009年9月以降に設置されたエレベーターには、地震時管制運転システムの設置が義務づけられています。エレベーターに取付けられたセンサーが一定の揺れを検知すると、自動的に最寄階に停止し扉を開放するようになっています。

【参考】
地震発生時の安全対応 - 一般社団法人 日本エレベーター協会
http://www.n-elekyo.or.jp/safety/elevator.html?tab=3#
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント