FC2ブログ
更新日:2019/12/16 作成日:2019/12/16

NHKが、豪雨による犠牲者を減らすため何を伝え、どのような呼びかけをすれば少しでも被害を減らすことができたのかを台風19号を事例にまとめられています。

NHKが、豪雨による犠牲者を減らすため何を伝え、どのような呼びかけをすれば少しでも被害を減らすことができたのかを台風19号を事例にまとめられています。

以下、ホームページより

台風19号による豪雨被害から1か月。全国で92人が亡くなり、3人が行方不明のままです。

災害担当の記者として、何を伝え、どのような呼びかけをすれば少しでも被害を減らすことができたのか…。
犠牲になった方が被害にあった場所や状況を詳しく調べることで、課題や教訓を導き出せないかと私たちは調査を始めました。

そこで見えてきたのは、「ハザードマップの限界」と「災害時に社会をどう止めるのか」という2つの大きな課題でした。

(台風19号取材班・社会部記者 藤島新也・ネットワーク報道部ディレクター 田中元貴)

※分析には、令和元年11月12日現在の情報を用いた。

詳細は▼

92人の死から見えてきたものは(NHK2019年11月14日 20時29分)
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20191114/k10012177441000.html
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント