FC2ブログ
更新日:2019/12/30 作成日:2019/12/30

71世帯が居住 仮設住宅住人が今年度で全員退去の意思/岩手・大槌町(岩手放送)

岩手放送ホームページより( 2019年12月26日 16:00 更新)
東日本大震災で被災して今も岩手県大槌町の仮設住宅で暮らす住民は、全員が今年度中に退去する意思を示していることがわかりました。

大槌町では先月末の時点で、71世帯90人が仮設住宅で暮らしています。26日に開かれた大槌町議会の全員協議会では、町から町内の仮設住宅で暮らす被災者は、全員が今年度内に自力再建や災害公営住宅への入居を予定していることが報告されました。内訳は自力再建が33世帯、災害公営住宅への入居が35世帯、親類の家などに住むが3世帯となっています。町は今年度中に町内に残っている9つの応急仮設住宅の供用を終了する見込みです。県によりますと先月末現在、県内では応急仮設住宅やみなし仮設住宅、合わせて496戸に1092人が暮らしています。

https://news.ibc.co.jp/item_38197.html
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント