FC2ブログ
更新日:2019/03/04 作成日:2019/03/04

通勤中に災害に遭った時、帰宅までの安全を確保する3つの知識

通勤中に、災害にあうこともあります。
交通機関が麻痺する可能性がありますので、基本的に歩いて移動することになります。

自宅にいないタイミングで被災して、自宅へ帰ることが困難になった人たちを、帰宅困難者と言います。

内閣府では、「公共交通機関が運行を停止している中で、大量の帰宅困難者が徒歩等により一斉帰宅を開始した場合には、緊急車両の通行の妨げになる可能性があり、応急活動に支障をきたすことが懸念される。このような帰宅困難者の一斉帰宅に伴う混乱を回避することと併せ、帰宅困難者自身の安全を確保することも重要である。」と伝えています。【参考】

1.帰宅途中に、助けてもらえる施設の確認
 災害が発生した際に徒歩で帰宅しようとしている帰宅困難者を支援するための施設「災害時帰宅支援ステーション」があります。
 下記のステッカーが貼られています。公共施設、コンビニ等です。普段歩いているときにも、確認してみてください。
 災害時に徒歩帰宅者に対して、水道水を提供したり、トイレを貸し出したり、ラジオ等で知り得た通行可能な道路を案内したり、一時的に休憩できる場所を提供したりします。徒歩で帰宅する人たちを支援することで、帰宅困難者の問題を少しでも解決することが期待されています。

2.安全な場所の確認と移動
 帰宅する道の途中に、帰宅困難者等を一時的に受け入れる「一時滞在施設」が指定されている都道府県や市区町村があります。スマホ等が利用できれば、「一時滞在施設」と入力して、探してみましょう。移動の安全が確保されるまで、そこから移動しないことも必要です。また、安否確認等がとれ、移動しなくて良い状況であれば、人命救助のための緊急車両等の通行に道路を優先的に使用するためにも、移動しないことも必要です。

3.どうしても帰らないといけない時は
災害字に徒歩で帰宅する人を対象に 水道水、トイレ、情報などを提供する帰宅支援ステーションを 配置した道路の地図に、「帰宅支援対象道路」があります。安全を確保し、緊急車両の妨げにならないように、帰宅しましょう。
 
外出先で被災して自宅に帰れなった人たちを、帰宅困難者と呼び、政府も対策を呼びかけています。

【参考】大規模地震の発生に伴う 帰宅困難者対策のガイドライン - 内閣府防災担当
http://www.bousai.go.jp/jishin/kitakukonnan/pdf/kitakukonnan_guideline.pdf
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント