FC2ブログ
更新日:2019/02/13 作成日:2019/02/13

西日本豪雨時、大雨特別警報を認識しても、被災者の3割なんらかの避難行動せず

西日本豪雨時、岡山県の行ったアンケートによると、
特別警報(気象庁)を認識して、何らかの避難行動をした人は、7割でした。
被災者の3割は、特別警報(気象庁)では、避難行動をしなかったことになります。

【参考】
特別警報とは(気象庁)
気象庁は、平成25年8月30日(金)に「特別警報」の運用を開始しました。
「特別警報」が発表されたら、ただちに地元市町村の避難情報に従うなど、適切な行動をとってください。
気象庁は、大雨、地震、津波、高潮などにより重大な災害の起こるおそれがある時に、警報を発表して警戒を呼びかけます。これに加え、警報の発表基準をはるかに超える大雨や大津波等が予想され、重大な災害の起こるおそれが著しく高まっている場合、「特別警報」を発表し最大級の警戒を呼びかけます。

気象庁は、平成25年8月30日(金)に「特別警報no


【参考】(岡山県「平成30年7月豪雨」災害検証委員会ほホームページより)
http://www.pref.okayama.jp/uploaded/life/594051_4938102_misc.pdf
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント