FC2ブログ
更新日:2019/03/04 作成日:2019/03/04

災害後の家の片付けもしてくれる災害ボランティアセンターとは?


 水害や、地震災害後、安全を確保しながら、家の片付けをボランティアでしてくれます。
 ボランティアが必要な場合は、災害ボランティアセンターに依頼してみましょう。

 災害ボランティアセンターとは、主に災害発生時のボランティア活動を効率よく推進するための組織である。
 災害ボランティアセンターは一般的に、被災した地域の社会福祉協議会やボランティア活動に関わっている関係団体、行政が協働して担うことが多い。被災地外から支援に駆けつける災害ボランティアセンターの運営経験者・団体が関わる場合もある。
 そこで、依頼する場合は、役所に、連絡先を見に行くか、社会福祉協議会等に、連絡先を聞いて問い合わせてみましょう。

 主な役割としては、
・被災地でのニーズの把握(家の片づけ、避難所運営の手伝いなど)
・ボランティアの受け入れ(ボランティア活動を希望する人の受付、情報提供、必要なボランティアの人数などの調整、ボランティアバスの受け入れなど)
・人数調整・資機材の貸し出し(活動のために道具が必要な場合、それらを準備して貸し出し)
・活動の実施(ボランティアによる家屋や避難所などで活動支援)
・報告・振り返り(活動の総括、その後の活動ための教訓・情報整理など)となる。

※災害が大きい場合は、たくさんの依頼で、なかなか順番が回ってこないこともあります。
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント