FC2ブログ
更新日:2019/02/14 作成日:2019/02/13

近所の人、知り合いからの情報は、なんらかの避難行動を促す。

平成30年7月豪雨で、岡山県の被災者のアンケート回答によると、
大雨特別警報の最初の情報源が、近所の人・友人・知人からの人の割合が高い地区では、
「大雨特別警報」を聞いたことをきっかけに、何らかの行動を開始した割合が高いです。

【参考】
岡山県「平成30年7月豪雨」災害検証委員会のアンケート報告書(案)
http://www.pref.okayama.jp/uploaded/life/594051_4938102_misc.pdf
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント