FC2ブログ
更新日:2019/03/25 作成日:2019/03/25

災害により、家屋移転等された方は、水道料金及び下水道使用料の免除があるかもしれません。

災害により、家屋移転等を余儀なくされた方や被災した家屋の清掃等を行った場合の水道料金及び下水道使用料について、
申請に基づき減免がある場合があります。
役所に問い合わせてみましょう。

※災害で、家屋等が損壊するなど甚大な被害を受けた場合も減免がある場合があります。

【参考】2018年の豪雨災害では、下記のようなことがありました。

①被災により町内に移転等された方
◆対  象:家屋の損壊、床上浸水その他の事由により住居としての機能を喪失し、居住が困難な方で町内の公的住宅や民間アパート等へ移転、又は町内の親類や知人宅に同居した場合
     ※個人で不動産業者等と契約した場合でも、免除の対象とします。
◆免除期間:町内の公的住宅や民間アパート等へ入居した日、又は町内の親類や知人宅に同居した日を含む検針期間から、当該日の6ヶ月後の日を含む検針期間まで
◆内  容:上記期間の水道料金等を「全額免除」します。
◆申請手続:「水道料金・下水道使用料免除申請書」
・り災証明書や被災証明書の交付を受けることが必要ですが、担当部署で交付状況が確認できる場合は提出不要です。
・移転の証明書類として次の書類が別途必要となりますが、担当部署で確認できる場合は提出不要です。
【公営住宅等の使用許可書、賃貸借契約書の写し、住民票等同居が確認できるもの】
     ※住民票等を同居宅に移してない方については、別途ご相談ください。

②被災した家屋に引き続き居住し、浸水した家屋や受水槽を清掃した場合
◆内  容:被災した家屋等の清掃に用いた水量に相当する水道料金等を「減額」します。
◆申請手続:「清掃等に伴う水道料金等減額願」
・り災証明書や被災証明書の交付を受けることが必要ですが、担当部署で交付状況が確認できる場合は提出不要です。

③清掃等により第三者へ水道を提供した場合
◆内  容:宅内の給水栓から第三者へ水道を提供した水量に相当する水道料金等を「減額」します。
◆申請手続:「清掃等に伴う水道料金等減額願」

スポンサーサイト



コメント

非公開コメント