FC2ブログ
更新日:2019/03/30 作成日:2019/03/30

災害により住宅・家財に被害を受けた方は、保育料が減免される場合があります。

災害により住宅・家財に被害を受けた方は、保育料が減免される場合があります。
自治体の条例に定められている場合

【平成30年豪雨 大洲市(愛媛県)の事例】

●対象者
特定教育・保育施設(認定こども園・幼稚園・保育所)及び特定地域型保育事業
(小規模保育所等)に入所している児童の支給認定保護者が対象

●減免の事由
火災、震災、風雪水害その他の災害により、常時居住する住家に著しい損害を受けたとき。

●算定の基礎
火災、風雪水害、震災その他の災害により、住家が受けた損害の程度

●程度 と 減免額
・全壊(流失)、全焼又は全損、大規模半壊 : 全額
・半壊、半焼又は半損 : 半額
・その他特別な事由により利用者負担額の納入が困難であると認められるとき。

●添付資料
り災証明書
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント